DAPを作る妄想

Pocket

まだまだ妄想さ~

 

目標

・音が出る

・カラー液晶を備える

・それなりのストレージ容量を持つ

・データの追加が楽

・持ち歩ける

 

音→大前提だ

カラー液晶→かっこいいだろ?

ストレージ容量→それなりに必要でしょ、今使ってる16GBストレージじゃ手持ちのデータをFLACで固めた10GBでぱんぱんなんすよね…

データの追加→いや~クソTunesとかクソ-アプリとか使いにくいじゃん??

持ち歩ける→手持ちのDAPからのリプレースを考えてるので

 

前提として、みんな大好きRaspberry piを使う。以前考えたことがあって、その内容を流用したいため。

さて、色々検討していく。

 

音が出る

てきとうにUSB-DACつかう。このへん?

本体から直接出力してもいいけどノイズが気になる(予感がする)のでやめておく。

バスパワーで駆動するっぽいので、Piからだと電力不足が気になるところだけど、取り敢えずは考えないでやってみる事にした。

 

カラー液晶を備える

adafruitからhttps://www.adafruit.com/products/911を買った。

電源には6~15Vを使用するらしいので、この時は単3電池4本直列接続で用意。

最終的に持ち歩けるように、電力はモバイルブースターから拾えばいいかな~とか思っているけれど、USBで取り出すのが一般的なので、5Vしか出してくれない。昇圧回路を用意する必要がありそう。

 

それなりのストレージ容量を持つ

現状使っているWalkmanのFシリーズは16GBモデルなんだけど、手持ちのデータをFLACで放り込んだだけで9割くらい食ってる。250曲くらいしかないんだけどね。

Raspberry piにはUSBポートがあるので、SDカードでもなんでも使えばよろしい。不足した場合を考慮してLVMで追加してくってのもアリかな。

 

データの追加が楽

言わずもがなってところ。

毎度ストレージを取り外してパソコンに繋ぐとかはキツい。モデルによってはイーサネット使えるので、smbとかで適当になんとかするか(問題は後回しだ)

 

持ち歩ける

電力は使ってないあまりのモバイルブースター使うから良いとして、PiとUSB-DACで結構なサイズ感になりそう。

適当なアルミケースを加工して突っ込む気持ちになっているけど、「アルミケースを加工して」がどうしようもねぇぞ~って感じなのでこれこそ後回しにする。

 

 

妄想は妄想って事で、次はUSB-DACを買ってきて遊んでみよう。

追加で1つPi買ってくるかー

お茶漬け

たまーに飲み屋で食べるお茶漬けめちゃウマい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です