ImageMagickで画像を2値化(訂正版)

Pocket

訂正版っていうか、実用的な指定方法が見つかったってだけ。

ImageMagickで画像を2値化という記事を書いたけど、-thresholdに与える値をどうするかってところが問題だった。何度も試して丁度いい値を探すのはいいけど、最初のアタリをつけたところが下手だと試行回数が増える。

実はこれ、割合指定できる。

例えば50%を与えると、各チャンネル50%を境にして、0%と100%に振られるようになる。24bitカラーなら各チャンネル8bitずつ、0〜255なので、0ないし255に割り当てられるんだろうな。

当てずっぽうにアタリを付ける必要がなくなるので捗る。どっちにしろ最初は当てずっぽうするしかないんだけどね。

お茶漬け

たまーに飲み屋で食べるお茶漬けめちゃウマい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です