C++で出力行を書き換える

キャリッジリターンを出力しましょう(おしまい)

 

cout<<" test\r"<<flush;
cout<<"test"<<endl;

出力は、

testt

 

標準出力はバッファを持っており、改行文字を出力するか、出力バッファがいっぱいになるまで溜め込む。そのバッファを、

endl→改行して、フラッシュする

flush→改行せず、フラッシュする

つまりflushを使って強制的に吐き出させる。

endlを使った場合にはもう次の行に移動してしまっているので書き換える事は出来ない。

 

キャリッジリターンは、\rを使って出力しており、「改行を含まず、行末から行頭に復帰する」を意味する。改行コードのお話だ。

CR+LFとか言ってるやつのCRがキャリッジリターンすね。

まあ今回のお話からは外れるしめんどいから割愛……

 

まあ割愛したところで、ここでお終いなんだけどね。

 

 

…別にこの本に載ってた訳じゃないけど

ノートPCの初期化作業

ノートPCのストレージが壊れたで書いたように、SSDのSecureEraseとシステムの再インストールを敢行する事にした。

その手順の記録。

 

まずはSecureErase

基本的に、「SecureEraseするドライブはセカンドドライブであること」という記述のページばかり見つかる。以前やった時はシステムドライブであってもUSBブートとかでできたような…

と思って探していると、HDDeraseというソフトを使えという記事を見つけた。

しかしHDDeraseをインストールしたUSBスティックから起動できない。デスクトップPCなら動くみたいなので、ノートだからみたいなアレかなと

設定項目の存在しないカスタムBIOS割りと心の底からやめて欲しい(そこが原因なのかは知らんけど)

しょうがないのでデスクトップPCにSSD接続してHDDerase使うか~~と思ったけど、どうせデスクトップPCに接続するならIntel SSD Toolbox使えばええやろ(今回のSSDはIntel SSD 520シリーズなのだ)、という感じで作業した。

とにかく、

・素直にセカンドドライブとして接続する

・メーカー謹製のソフトウェアを使う

・電源サイクルとかいうヤバそうな所業も怖がらずやる

という感じで。

 

さてSSDの初期化が完了したら、次はシステムのインストールだ。AntergosはGUIインストーラを提供していて、細かいことは全部コイツがやってくれる(だからAntergos使ってる)

特に困ることはないだろうという事で全部割愛()

今までやってきたカスタマイズは全部初期化されているけど、必要なカスタマイズは必要になったときにやるでしょうという事で。

ただ、デフォのままだと数字と記号が表示されなかったのでこれは困った(何かの設定が変なのかと思って設定項目いじろうにも歯抜けしまくりで何も読めない感じ)けれど、ttf-miguとかttf-koruriとかをてきとうに放り込んだら見えるようになった。よかったよかった

 

 

前の環境の感覚で操作するといろいろ勝手が違いそうなので、そのへんが多少憂鬱ではあるけど、ドットファイルを引っ張ってくるだけで状態をそのまま移行できるシステムは非常に楽で良いですね

 

何の知見も存在しないゴミ記事になってしまった…

 

 

 

 

ノートPCのストレージが壊れた

マジかよって感じだけど、数週間前からログイン画面がクッソ重くなっていて、その後の起動も微妙に時間かかるようになっていた。

んで、数日前にはCinnamonの起動に失敗するようになって(ログイン→2分くらい待つ→ソフトウェアレンダリングモードで起動→Cinnamonの起動に失敗したぜ、と言われる)、ついに今日、「ちょっとorphanなデータあるから消しとくね☆」で一部データがご臨終

不幸中の幸いという事で、起動不可能なレベルまでは破損しなかったけど、いつまた不調になるかもわからんし、しょうがないのでデータを救出出来るだけ救出して、クリーンインストールしようって感じ。

ついでにSSDのSecure Eraseとかもしてみた方がいいのかなー?

Windows10でマルチモニタに別々の壁紙を設定する

複数のモニタを使っている場合、同じ壁紙を表示したい人と、別々の壁紙を表示したい人がいる。ぼくは後者なんで、その方法です

 

Windows+Iで呼び出せる設定画面→パーソナル設定→背景では同じ壁紙が設定される。

ゴミ

 

コントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ→個人設定→デスクトップの背景、でよさ気な空気を醸すが、呼び出されるのは上記背景設定画面である。

使えないものを押し付けるの、本当にゴミ

 

しょうがないので直接呼び出す。

Windows+Rでファイル名を指定して実行→control /name Microsoft.Personalization /page pageWallpaperを指定→あとはうまく設定する。

 

毎度これを呼び出すのはアホ臭いのでショートカットを作る。

フォルダを作るノリで右クリック→新規作成(X)→新しいショートカット(S)

項目の場所にcontrol /name Microsoft.Personalization /page pageWallpaperを入力して、次の画面で好きな名前をつける

 

ちなみに、control.exeがコントロールパネルで、/name Microsoft.Personalizationを指定すると個人設定、/page pageWallpaperまで入れればデスクトップの背景まで行ってくれる

 

UIデザイン変更とか好きにやってくれていいんだけど、機能があるのに呼び出せなくするのマジで意味わかんないんでMS真面目にやってくれ