RAID環境にArchLinuxのインストール

Pocket

普通にArchLinuxをインストールしようと思うと、「真面目にパーティション切らなきゃなぁ…」「そのためにどういう構成にするのか検討しないと…」とか思うのでまぁ問題ないといえば問題ない。

しかし例えばAntergosを使う場合には、cnchiというグラフィカルで大変簡単なインストーラがついてくる。これだとウィザードに従ってぽいぽい進めていけば、それだけでインストールが完了してしまうとかいう状況。

ArchLinuxを使いたいけどInstallBattleは面倒だなという場合には、大変重宝するのだけど、細かいことを意識しないまま作業を進められてしまうので、困ることもある。

というわけで、今回はそういうお話。

 

ちなみに構成はCore i7 870 + ASRock P67 Transformerに16GBくらいRAM載せてGTX750Tiぶっさした感じ(元メインマシン)。ここにCrucial C300 64GBを2つのせて、マザーボードで
RAID組んでる。OSから見たらただの1つのストレージデバイスに見えていると思い込んでいた(OSよりも下のレイヤーとして独立していると思い込んでいた)のが失敗で、実際にはOSに「ここでこんな感じでアレイ組んでますよー」と教えてあげる必要があったみたい。

RAID環境にインストールする場合、mdadmに何か喋らせたりしないといけないみたいなんだけど、全然意識しないままインストール作業終わらせちゃって、インストールも出来てブートローダも起動するけどなんだか見つけてくれない状態。具体的にはこんな感じ。

starting version 230
ERROR: resume: hibernation device ‘UUID=xxxx’ not found
ERROR: device ‘UUID=xxxx’ not found. skipping fsck.
ERROR: Unable to find root device ‘UUID=xxxx’.
You are being dropped to a recovery shell
Type ‘exit’ to try and continue booting
sh: can’t access tty: job control turned off
[rootfs ]# _

はい、完全にストレージを見失っております。

 

必ずインストールのときにパーティション構成を理解しておく。サイズから予想することも出来なくもないけど。今回は、

/dev/md126p1→/boot
/dev/md126p2→/
/dev/md126p5→swap

という構成(RAMが16GBもあるしswap不要じゃない?というのはAntergosのcnchiに言ってくれ)。

さて、AntergosのLiveCDから起動(今回はUSBメモリ使ったけど別になんでもいい、とにかくArchLinuxのLive環境が起き上がればそれで十分)して作業する。

RAIDにArchLinuxをインストール – RAID – ArchWikiをパクるだけ。

まずストレージのマウントを済ませる。(まだarch-chrootしてはいけない)

# mount /dev/md126p2 /mnt
# mount /dev/md126p1 /mnt/boot

mdadm.confを更新する。その後一応もくろみ通りの状態になっているか確認する。

# mdadm --detail --scan >> /mnt/etc/mdadm.conf
# vi /mnt/etc/mdadm.conf

chrootしてmdadmフックをmkinitcpio.confに追加する

# arch-chroot /mnt
# vi /etc/mkinitcpio.conf
HOOKS="base udev autodetect modconf block mdadm_udev keyboard keymap resume filesystems fsck"
# mkinitcpio -p linux

ArchWikiのブートローダーの設定の項目はやらなくても起動しました。

 

あとどうでもいいけどママンにのっかってるNICが死んでて全然繋がらなくて2時間くらい悩んだ。以前ママンのNIC死んだからって追加でNIC放り込んでたのすっかり忘れてたぜ

お茶漬け

たまーに飲み屋で食べるお茶漬けめちゃウマい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です