Vita TVを任意のバージョンのFWにアップデートする

Pocket

勢いに任せて尼からVita TV(PSTV)の並行輸入品を購入した。

FW3.35くらいだったので取り敢えず3.60にして、あとHENkakuやなって感じ。

今は3.61が最新なので、素直にアップデートしようとすると3.61が降ってきてしまって、わざわざPSTV買った意味が一切なくなる。

任意のバージョンにアップデートするには、QCMA使う方法が紹介される事が多いんだけど、パソコン経由でアップデートできないPSTVの場合にはそれが使えない。

という事でセーフモードを使う。全体の流れは以下のとおり。

1.USBメモリにアップデートデータを放り込む
2.PSTVをセーフモードで起動
3.それらしい選択肢を選ぶ
4.USBメモリを接続、アップデートデータがUSBメモリからコピーされる
5.データのバージョンが目的のものか確認する
6.規約を読む
7.アップデートする
8.再起動して完了

FAT32でフォーマットしたUSBメモリを用意して、USBメモリ/PSVITA/UPDATE以下にPSVUPDAT.PUPという名前で保存する。

今回使ったアップデートデータのMD5は次の通り。

CD80B3DA55771C99557DB552542DFF2B

セーフモードでの起動は、電源断の状態から電源ボタン長押しで起動する(7秒以上押し続けるとかいう情報あり)。

あとは何も難しい事ないので画面の指示通りに、みたいな感じ。

 

HENkaku導入も特に問題無いっすね。henkaku.xyz行くだけ。

 

環境が複数ある事に意味があるのかどうかっていう気もするけど、まぁ持っておくだけでも気持ち的に意味はあるしいいかな。

 

ぼくがかったときよりPSTVやすくなってるんだけど……

 

お茶漬け

たまーに飲み屋で食べるお茶漬けめちゃウマい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です