そういえばメインマシンの構成

PC新調(すこし)したで書いたけど、ちゃんと構成まとめてなかった気がするので、まとめ。

ちなみにPSUは未だちゃんと買ってないです

 

CPU : Intel Core i7 6700K
CPU Cooler : Thermaltake CL-P022-AL12BU-A
M/B : ASRock Z170 Gaming K4
RAM : Crucial CT2K8G4DFS8213 (DDR4-17000 8GB x2)
SSD : Intel SSDSC2KW240H6X1
CAS : Corsair Carbide Air 540

 

グラボは当初載せてなかったけど、ゲームやりたくなってそのへんに転がってたZOTACのGTX750Tiなやつを1枚だけ放り込んだ

 

今後やりたいこと

・電源を取り敢えずのものじゃなくする

・ストレージをM.2に変える

・お強いグラボ載せる

・水冷化

 

熱によるパフォーマンス低下も含めて、諸々落ち着いて触りやすそうになるまで、M.2は放置しておく心積もりなので、とにかくそれを待つ。

グラボは、GTX1060くらいがコスト的にちょうど良いのかなという気持ち。最上位を狙っても世代差にやられて終わりそうだし

水冷は、パーツなんとなく眺めたけど、正直あと一台マシンを組む、くらいのコストが必要になりそうだったので、これはもう暫くあとだな〜という気持ちになっている。

 

 

さっさと鯖新調したいぜ

Webページのロードが完了したらJS関数を実行して欲しい

Masonryを使ってレイアウトさせてたりとかしたんだけど、画像読込のタイミング、ないしはWebフォント読み込み完了のタイミングでもう一度位置計算して欲しいというお話。

HTMLデータ読込→Masonryによる位置計算、配置→画像が読込完了(Webフォント読み込み完了)になると、Masonryの枠が重なっちゃうんですよね。なので、それぞれ読込が完了したときに位置計算して欲しい。

前者、画像とかについては、$(window).load()みたいなノリでやればおk

後者、Webフォントについては、FontLoaderを使う事にした

 

ひとまずは以下のような感じで、Masonryの位置計算部分を関数の形で記述しておく。(再計算用のメソッドとかありそうだけどし〜らない)

function mason(){
$('article').masonry(){
〜Masonryのオプション〜
});
}

 

・画像とか

よく見るサンプルコードは(上記のように関数の形で用意しておいたなら)

$(function(){
mason();
〜その他やりたいこと〜
});

という感じだけど、$(function(){ほにゃらら})の形は、HTMLを読み込み終えたら実行されてしまうらしい。

やることは簡単。$(window).load()をに差し替えればおk

$(window).load(function(){
mason();
〜その他やりたいこと〜
});

 

・Webフォント

WebFontLoaderを使えば良いらしい。文字幅の変化を検知してWebフォント読み込み完了をキャッチするとかいう手法も見かけたけど、面倒そうなのでやめとく()

WebFontLoaderはGoogle Fonts, Typekit, Fonts.com, Fontdeckを読み込める…らしいが、他のものも使えるようで、今回はそっちの記述で。

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/webfont/1.6.26/webfont.js" type="text/javascript"></script>
var fontconfig = {
custom:{
families:['フォント名'],
urls:['WebフォントCSSのURL']
},
active: function(){mason();},
inactive: function(){mason();}
};
WebFont.load(fontconfig);

active:Webフォントの読み込みが完了(レンダリングが完了)したら実行したい内容

inactive:ブラウザでWebフォントが有効でない場合もしくはフォントが読み込めなかった時に実行したい内容

 

そもそもJavascriptとか全く勉強しないで触ってるんだけどすげえつらい(基礎くらい勉強しような)