動かせないデータを隣のストレージに動かしてなんとかする

Pocket

Windowsの話。

C:\Windows\Installerが死ぬほど肥大化して死んで欲しい場合とか、あと今回はMinerGateでETH掘ってるときのDAGデータが大きいとか

要は、その大きすぎるデータを隣のストレージに移動させたいが、そこに移動させたという設定をアプリケーション側で行うのが面倒、というパターン。

 

JunctionというのがMSから提供されているので、これを使う。

 

今回はDAGデータを移動させる。DAGデータ本体はC:\Users\user\AppData\Local\minergate\.ethash-minergate以下にあるので、これを事前に他のストレージに(今回はE:\.ethash-minergateとして)移動させておいてから、以下のような感じで

E:\>junction.exe C:\Users\user\AppData\Local\minergate\.ethash-minergate E:\.ethash-minergate

Junction v1.07 - Creates and lists directory links
Copyright (C) 2005-2016 Mark Russinovich
Sysinternals - www.sysinternals.com

Created: C:\Users\user\AppData\Local\minergate\.ethash-minergate
Targetted at: E:\.ethash-minergate

 

要はシンボリックリンクみたいなものを張っているだけ。これでいくらでも移動させられるぜ

ちなみにC:\Windows\Installerが60GBくらいになってるマシンもあったんだけど、普通に使っているだけでここまでOSを肥大化させられちゃうOSってのも、なんだかなぁという感じだよね

お茶漬け

たまーに飲み屋で食べるお茶漬けめちゃウマい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です