Linuxで音楽CDをリッピング

Pocket

今メインに使ってるWindows PCにディスクドライブが装備されていないので、リッピング部分のみLinuxマシンにやらせて、あとの変換とか再生行程は従来どおりにやりたい的な感じ。

当初/dev/sr0からddで引っ張り出せばいいだろと思ってたけどダメらしい。てきとうにぐぐった結果できそうだったのでやってみる。

 

CDを挿入後lsblkにエントリが追加される

$ lsblk
NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda 8:0 0 119.2G 0 disk
├─sda1 8:1 0 200M 0 part /boot/efi
├─sda2 8:2 0 256M 0 part /boot
├─sda3 8:3 0 111G 0 part /
└─sda4 8:4 0 7.8G 0 part [SWAP]
sdb 8:16 0 3.7T 0 disk /mnt/r_array
sdc 8:32 0 1.8T 0 disk
sr0 11:0 1 324.2M 0 rom

ケツにあるsr0がそうだ。cdrdaoでリッピング。

$ sudo cdrdao read-cd --device /dev/sr0 --read-raw --datafile ZMCZ-11306.{bin,toc}
Cdrdao version 1.2.3 - (C) Andreas Mueller <andreas@daneb.de>
/dev/sr0: HL-DT-ST DVDRAM GH24NS50      Rev: XP01
Using driver: Generic SCSI-3/MMC - Version 2.0 (options 0x0000)

Reading toc and track data...
~以下略

tocファイルをcueシートに変換。

$ toc2cue ZMCZ-11306.{toc,cue}

できあがったbinファイルはエンディアンが異なるっぽいのでddで変換する。このまま再生するとホワイトノイズにしかならない。

$ dd conv=swab if=./ZMCZ-11306.bin of=./ZMCZ-11306.bin.swap

以上でリッピングは終了。

 

ここまででbin+cueな状態にできたので、完了ということで。あとはてきとうに、煮るなり焼くなり。

 

ちなみに上記で使っていたZMCZ-11306はメイドインアビスのED。

あとOPも買ったよ

原作コミックスも全部買った。最高に心がきゅうっとするのでおすすめです(?)

ひどい広告記事になってしまった…

お茶漬け

たまーに飲み屋で食べるお茶漬けめちゃウマい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です