Windows10でいくつかのアプリケーションが落ちる

Pocket

例えば、

・まめFile5SE

・桜時計

・Exact Audio Copy

・StepMania

あたり。

まめFile5SEはぶっちゃけただのファイラーだしExplorerで代用できる(というか本来はExplorerの代用として使う立場なんだけど、Explorerあんま使い勝手良くないので)し、桜時計もWindows標準の時刻合わせに頼る事にすれば(数分くらいのズレを許容すれば(許容できないでしょ))使わなくても良い。ただ、EACは代替ソフトがあんま見つからなかったし、StepManiaなんかゲームなんだし代替ソフトもクソもねーよ。

いつからこうなったのか記憶がはっきりしないけど、OSバージョンはWin10 Pro 1703。

まめFileでは起動後タブリストが復元されて、ファイルリストが表示された直後に「動作を停止しました」エラー。

桜時計はタスクトレイにいる間は何も言わないんだけど、ウィンドウを開くと「動作を停止しました」エラー。

EACはCDの読み込みまでは良くて、リッピングを開始しようと(Alt+F7)すると「動作を停止しました」エラー。

StepManiaはそもそも起動もしてくれなくて、「エラー起こったよ!詳しくはログ見てね!」なメッセージが表示されるのみ。ログ眺めると「なんか知らんがデータ無かったわwwwww」みたいな感じ。

 

最初はHyperThreadingのエラーかなと思って(使用CPUはIntel Core i7 6700KなのでSkylakeだ)、HTTをオフにしてみたりもしたけど状況変わらず。使用マザーボードはASRock Z170 Gaming K4だけどマイクロコードアップデート降ってないかなと思ったら、7.10が最新(既に適用済み)、ベータ版の7.12ではHTTについてのマイクロコードアップデートが入ってるらしいが、ベータ版を迂闊に適用できるほど人柱ではないので敬遠。

 

もうちょっとちゃんと調べようと思って、イベントビューアを見てみる事にした。EACを起動して落ちたタイミングのイベントを見てみると、エラー情報が。

障害が発生しているアプリケーション名はEAC.exeで良いんだけど、障害が発生しているモジュール名にMacType.dllの文字…

 

取り敢えずMacTypeを無効にしてみると、今まで落ちまくってたアプリケーションが全く問題なく動作するように。

フォントレンダリングの汚さがWindows10でも改善されてなかったから、Windowsインストール直後にMacTypeを入れていたんだけど、それが悪さをしていたみたい。

最近のWindows Updateで降ってきた更新とMacTypeが競合するような内容だったのかもしれない。

 

 

最近ノートPCがサイズ変更無しに1366×768から1920×1080に変わった(どちらも13インチモデルなので寸法はあまり変わってないはず)お陰で画素密度が向上して、文字が随分見やすくなった。というわけで、23インチとか21インチの面積にFullHDを放り込む状況、いい加減やめにして、もうちょっと高解像度な世界で生きていけば、文字もなんとなく見やすくなるんじゃなかろか、という気持ちだ。

4Kモニタ買うなら40インチ前後にして、外形寸法あんま変わらないようにしようと思ってたけど、30インチ切りとかでも綺麗さで言えば向上するはずだから、そういう手もあるんだよな、と思ったりした。4Kモニタでも小さいサイズなら手を伸ばしやすい価格帯になるし。

この辺ワンチャンありそうじゃない?まぁお金無いけど。

お茶漬け

たまーに飲み屋で食べるお茶漬けめちゃウマい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です