Kumanの3.5インチモニタを回転させる

これ

今回はRaspberry pi 3 model Bに挿してつかう。

付属のCDにそのまま使えるRaspbianのイメージが入っているが、これを使うのは何されるのかわからんな?という声もよく見る。しかしまぁ、どのネットワークにも接続しないで使う予定だったので、ドライバ等の自前導入はせず、付属のイメージを使うことにした。

で、用途上はモニタを90度回転させると丁度良い感じなので、回転させる。

 

類似の商品が多いのでてきとうに調べていたら、2種類の情報があって、/boot/config.txtに

・display_rotate=90

・lcd_rotate=90

とかを書くとかいうのを得た。

ただし、前者だと画面は回転するがタッチスクリーンが回らなくて操作しんどい、後者だといい感じ!みたいな論調ばっかり。この口ぶりから分かる通り、うまくいきませんでした。lcd_rotateだとそもそも画面が回転しなかった。(要は別製品の情報なのかね)

 

Kumanのこの製品はWaveshareの3.5inch RPi LCD (A), 320×480 – waveshareのコピー製品、という情報を得たので(下の方にAnti-PiracyとかThis product is protected by patentとか書いてあるけど気にしない…)、Waveshareのそれっぽいサイトを眺めることにする。

5inch HDMI LCD -Waveshare Wiki

Screen orientation settings及びTouch screen calibrationの項で全てが解決した。キャリブレーションはメニューにも選択肢が最初からあったのでそっちを使っても良いかも。

 

きちんと一次情報を当たろうねとか、自前できちんと環境構築しようねとか、思いました(いつもの事では?)

Raspberry Pi 3 Model BでBrother HL-L2300を使う

環境はRaspbian(久々のDebian系だ)

 

一先ずCUPSを入れておく

$ sudo apt-get install cups

brotherから公式に提供されているドライバはi386なのでRaspberry piでは使えない…

という訳でぐぐってみたところ、それっぽいものをgithubで発見。

pdewacht/brlaser – github

対応プリンタ一覧にHL-L2300は無いが、HL-L2300Dがある。同一モデルのロケール違いっぽいのでそのまま突っ込む。

ビルドに必要なものをインストールしてから、REAMD.mdの通りに操作

$ sudo apt-get install build-essential
$ sudo apt-get install cmake libcups2-dev libcupsimage2-dev
$ git clone https://github.com/pdewacht/brlaser.git && cd brlaser
$ cmake .
$ make
$ sudo make install
$ sudo service cups restart

プリンターを接続し、CUPSのWebインターフェイスからプリンターを追加。

brlaserをインストールすると、モデル一覧にBrother HL-L2300D, using brlaser v4が出現するので、ここから追加すればおk

 

このままlprコマンドから印刷しようとすると怒られる。

$ lpr -o fit-to-page ./test.pdf
lpr: エラー - 利用可能なデフォルトの宛先がありません。

登録してやれば良い。一覧をlpstatで表示して、これをlpoptionsで指定する。

$ lpstat -p
プリンター Brother_HL-L2300_series は待機中です。2018年03月02日 00時55分09秒 以来有効です
$ lpoptions -d Brother_HL-L2300_series
copies=1 device-uri=usb://Brother/HL-L2300………(以下略)

あとはlprコマンドで普通に印刷できる。