改行コードを変換する

nkfでokだけど、メモ書き。ふと必要になった時は忘れているのだ…

 

Linux環境で吐き出した計算結果ファイルをWindowsに持ってきてそこで処理しようとすると(Linux環境で開発した自前ツールで計算した結果をWindows環境にインストールしたMATLABでグラフ化したかった)、改行コードの違いでクソ面倒な事に…

 

改行コードはCarriage Return(CR)とLine Feed(LF)の組み合わせが存在して、MacはCR、unix系(Linux)はLF、WindowsではCR+LFと完全にバラバラな状態となっている。どれかに統一すりゃいいじゃんという気持ちでいっぱい。

 

nkfでは、-L[uwm]オプションで改行コードの変換ができる。

-Lu→unix(LF)

-Lw→Windows(CR+LF)

-Lm→Mac(CR)

 

今回はWindows(CR+LF)の形に変換したかったので、

nkf -Lw –overwrite hoge.txt

みたいな感じで。(オプションで–overwriteをつけると上書き保存される)