PX-Q3PE4で録画機の新調

某店でPX-Q3PE4が安くなってたので、衝動的に新調してしまった。新調したのは9月くらいなんだけど、下書きしておいたのを今公開ってやつ。

構成は以下の感じで。

CPU:Intel Core i3 8100

M/B:ASUS TUF B360M-E GAMING

RAM:てきとうに8GBx1

SSD:Samsung 970EVO 250GB

PSU:Corsair CX450M

ケースはIN WINの301が良い感じだったのでチョイス。

カードリーダーは事前に購入していたSCR3310を利用。

組み立てはまぁ良いとして、環境構築がうまくいくかが問題。

Ubuntuを使って、Mirakurun + Rivarun + Chinachu gammaみたいな感じの構成(あんまはっきりわかってない)を作る。PX-Q3PE4はPLEX公式からUbuntu向けドライバが出ているので、これを使う。

というわけで実際の手順。

  1. 取り敢えずUbuntu18.04 LTSをインストールして、アップデートしておく
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
  1. 時刻合わせしてほしいのでそのへんの設定しておく
$ sudo apt-get install ntp
$ sudo vi /etc/ntp.conf
$ sudo systemctl restart ntp
$ ntpq -p
  1. カードリーダーに必要なパッケージのインストール
$ sudo apt-get install pcscd pcsc-tools libpcsclite-dev
$ pcsc_scan
Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
  1. ビルドに必要なパッケージのインストール
$ sudo apt-get install autoconf build-essential cmake curl git-core libssl-dev libtool libboost-all-dev pkg-config yasm
  1. ARIB25ライブラリのインストール
$ git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
$ cd ./libarib25
$ cmake.
$ make
$ sudo make install
$ sudo /sbin/ldconfig
  1. PX-Q3PE4ドライバ(カーネルバージョンがあっているかどうか確認しておく)
$ uname -r
4.15.0-23
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/linux/Ubuntu18.04_64bit_kernel4.15.0-23.zip
$ unzip Ubuntu18.04_64bit_kernel4.15.0-23.zip
$ cd !$
$ sudo insmod tty_Virtual.ko
$ sudo insmod usb-px4.ko
$ lsmod | grep px4
usb_px4 454656 0
tty_Virtual 24576 1 usb_px4
$ ls /dev/px4*
/dev/px4-DTV0 /dev/px4-DTV2 /dev/px4-DTV4 /dev/px4-DTV6
/dev/px4-DTV1 /dev/px4-DTV3 /dev/px4-DTV5 /dev/px4-DTV7
  1. ドライバが正しくロードできているので、インストール
$ sudo cp -p *.ko /lib/modules/<code>uname -r</code>/kernel/drivers/video
$ sudo depmod
  1. root以外からもアクセスできるようにruleを作成(デフォルトはroot:rootなのでroot:videoに変更するのと、600から666にする)
$ sudo cat /etc/udev/rules.d/99-px4.rules
KERNEL=="px4*", GROUP="video", MODE="0666"
  1. 録画コマンドを用意する(実行権限なくて怒られるので適宜追加しておく)
$ wget http://plex-net.co.jp/download/linux/Linux_Driver.zip
$ unzip Linux_Driver.zip
$ cd ./Linux_Driver/MyRecpt1/MyRecpt1/recpt1
$ make clean
$ ./autogen.sh
$ ./configure --enable-b25
$ make
$ sudo make install
  1. recpt1が正しくできていることを確認する
$ recpt1 --b25 --strip 27 10 ~/test.ts
  1. Mirakurunが要求するNode.jsを導入(v8.9.4くらいを要求するみたいなのでそれを入れる)
$ sudo apt-get install nodejs npm
$ sudo npm cache clean
$ sudo npm install n -g
$ n ls
$ sudo n 8.9.4
$ sudo apt-get purge nodejs npm
$ sudo apt-get autoremove
$ node -v
v8.9.4
  1. Mirakurunの導入
$ sudo npm install pm2 -g
$ sudo npm install mirakurun -g --unsafe --production
Version: pm2@3.0.0 [NG] Expected: &gt;=2.4.0 &lt;3.0.0

pm2のバージョンで怒られてしまったので入れ直す

$ sudo npm uninstall pm2 -g
$ sudo npm install pm2@2.4.0 -g
$ sudo npm install mirakurun -g --unsafe --production
$ sudo npm install rivarun -g
$ sudo npm install arib-b25-stream-test -g --unsafe
  1. Mirakurunのstatusを見る
$ sudo pm2 status
Name mode status restart cpu memory
mirakurun-server fork online 0 0% 47.3MB
  1. チューナー設定
$ sudo mirakurun config tuners
  1. チャンネル設定
$ sudo mirakurun config channels
  1. ログローテーションの設定
$ sudo pm2 install pm2-logrotate
$ sudo cat /etc/logrotate.d/mirakurun
/usr/local/var/log/mirakurun.stdout.log
/usr/local/var/log/mirakurun.stderr.log
/{
daily
compress
rotate 7
missingok
notifempty
}
  1. rivarunから動作確認
//Unixソケット通信
$ rivarun --b25 --sid 1024 --ch GR/27 15 ~/test.ts
//TCP接続
$ rivarun --b25 --mirakurun localhost:40772 --sid 1024 --ch GR/27 15 ~/test.ts
  1. chinachu gammaの導入
$ git clone -b gamma git://github.com/kanreisa/Chinachu.git ~/chinachu
$ cd chinachu
$ ./cinachu installer&nbsp; //1(Auto)を選択
  1. 録画予約用の空ファイル生成
$ echo "[]" &gt; rules.json
  1. 設定する
$ cp config.sample.json config.json
$ vi config.json
uidの値を実行ユーザへ書き換え
wuiHostをwuiOpenHostに書き換え
  1. chinachuのログローテーション設定
$ sudo cat /etc/logrotate.d/chinachu
/usr/local/var/log/chinachu-operator.stderr.log
/usr/local/var/log/chinachu-operator.stdout.log
/usr/local/var/log/chinachu-wui.stderr.log
/usr/local/var/log/chinachu-wui.stdout.log
{
weekly
compress
rotate 4
missingok
notifempty
}
  1. 起動確認
$ ./chinachu service wui execute
  1. pm2を使ってChinachu自動起動設定
$ sudo pm2 start processes.json
mirakurun-server, chinachu-operator, chinachu-wuiの3つが見えるはず
$ sudo pm2 save
  1. EPG取得テスト
$ ./chinachu update

以上でおしまい。特に詰まるところもなく、割と単純に作業できてしまい、拍子抜け。

これまではPX-W3PEだったので、同時録画可能数が2倍になった。旧環境ではtvrockを使っていたので、更にリッチなUIになったし、CPUはAthlonII X2 250eを使っていたので、快適に動くようになった。衝動的ではあったけど、良い買い物でした。

お次はRyzenで組みたいって気持ちだな。

NETGEAR AC785 + エキサイトモバイル最適料金プラン

以前書いた通り、NETGEAR AC785 + エキサイトモバイル最適料金プランで契約した。

モバイルルータ+MVNO SIMな感じを用意しようかな – お茶漬けぶろぐ

 

んで、2ヶ月くらい経ったので雑感をば。

 

まず、電源。

思ったより電池が保たない。ガンガン減っていく。想定用途は常時接続ではないんだろうなぁと思う。必要なときに電波を掴んで電波を発して、ってするんだろうな。

50%くらいまで減ったら充電しているのだけど、1日は全く保たず、日に2回くらい充電している。という事は100%ぶんくらい平然と使い切っているという事だ。

つっても、平日は目の前に充電器が常にある環境で生きているので、特に不便は無い。

ちなみにGL04Pを使っていた頃感じていた、発熱問題については特に問題無かった。

 

次、通信。

結構遅い。Youtubeで動画をなんとなく見る分にはそこまで気にはならないけど、それより普通のネットブラウズの方が厳しい。画像はもとより、レイアウト(CSS)が降ってくるまでの待ち時間がストレスフル。

この遅さがルータ由来なのか回線由来なのかは未調査だけど、どうせ回線由来なのでは?と思っている。

取り敢えずMVNOの回線提供元であるドコモSIMを挿してみようと思ったけど、microSIMを1枚も持っていないので試しようがない…。

データ通信回線を1本契約しようかなと思っても、定期契約ありで1900円/月、定期契約なしで3400円/月(どちらもシェアオプション)。まぁまぁ良い値段するのよね~。定期契約なしで2ヶ月くらい契約してみるのも良いかもだけどね。

あんままともに考えてないけど、そういえばL-04EがmicroSIMだったような気がするので、復活させて挿して見るってのもありかな。

 

最後、NETGEAR AC785本体

1万円しないやつだから、当然だし望んではいけないんだけど、安っぽいよね。

ボタンがパカパカ。ぎっしり感が一切無い。バッテリーカバーがしっかり閉まった感が薄い。

 

はい、今後。

遅さの理由を見つける。デバイスを変えたり回線を変えたりしよう。

それと、普通に安っぽくて物欲が一切満たされないので、ルータの新調。もっと重くていいので、しっかりしたものがほしい。

 

…と思っていたけど、結局、家族と一緒の回線で使っていくのがしんどいという話なので、そこを独立しようと思うと、つまりそもそもモバイルルータ不要なのでは?という気持ちになってくるな…

まぁそのへんは追々って感じ。17歳。(?)