特定コマンドが含まれているパッケージを探す

ArchLinuxって最小限のインストール構成だと(最小限なので当然なんだけど)使いにくいレベルで何も入ってない。

そこから好きなもの、必要なものだけに絞ってインストールしていけるので、大変そういう意味では良いんだけど、まともに環境構築するつもりはなくて、とにかく実験環境とか遊び環境として一つ欲しいときに、「あのコマンドだけ欲しい」とかあるんすよ

最近研究室に新しいサーバ機が届きまして、早速諸々の構築をしていきたいんだけど、教授からは「Windows Serverにしような」と言われてしまい、しかしそのインストールメディアは先生が持っていて、更に言うとストレージも実は用意してないので、やっぱり何も出来ない状況なのだ…

とは言え、こんな格好のおもちゃ、放置しておくのは勿体無いよねって事で、USBメモリにOSをインストールしてそこから起動して色々遊べばいいじゃん〜と。

要はまともに環境構築する気が無い環境で、アレ欲しいコレ欲しいって単発で欲しくなったときに、具体的にどのパッケージをインストールすれば良いのかを探す。

 

今回欲しかったのはifconfig。NICの名前とかIPアドレスとか知りたいとふと思ったときに無意識に打ち込んじゃうけれど、これ最初は入ってないんでした……

pacmanにオプションQoをつけて目的バイナリを探してきてねってお願いすると、パッケージ名出してくれます。

 

$ which ifconfig
/usr/bin/ifconfig
$ pacman -Qo /usr/bin/ifconfig
/usr/bin/ifconfig は net-tools 1.60.20160710git-1 によって保有されています

2行にわたったり入力したりめんどいので以下みたいなノリで短縮も可

$ which ifconfig | pacman -Qo -

aliasなコマンド(lsなんかはls –color=autoになっている場合をよく見る)の場合には一度unaliasする以外方法見つかりませんでした(まがお)

関数の引数として関数をとる

C++なら関数オブジェクト使えとかいう記述をどこかで見かけたんだけど、結局よくわからなかったので関数ポインタを使う事にした。

引数の型 (*関数ポインタ名)(その関数がとる引数の型)

という形で宣言して使う。

例えばintで1つ引数をとって、5足したものを返してくれる関数を考えてみる。

int calc(int in){
return in+5;
}

int main(){
int (*fp)(int);
fp = calc;
fp(2)    // 7が返ってくる
return 0;
}

細かいアレはともかくとして、fpが関数ポインタ。こういう使い方だと今のとこあんま面白くないけど、関数ポインタを使えば関数の引数に関数を使える。

与えられた関数から返ってきた値の正負を判定する関数pmを考える。

int calc(int in){
return in+5;
}

bool pm(int (*fp)(int), int in){
if(fp(in)<0){
return false;
}else{
return true;
}
}

int main(){
pm(calc, -6)    //false
pm(calc, 3)    //true
return 0;
}

使いどころは、計算の一部分を利用者から与えてもらって、それを使って全体の計算をやるって場面。(ていうかそういう場面があったのでこうやって書きました)

具体的に言うと、数値解析のときにつかうテクニックがあるんだけど、これを毎度書いてるとウザいので、オレオレライブラリにしてやろうという感じ。テクニックのアルゴリズム自体はライブラリ側で全部書いておいて、利用者は目的関数の定義だけしてあとはそれを放り込むだけ〜というやつ。

ぶっちゃけこういう内容1年くらい前にやるべきみたいな雰囲気はある(今年度何した?に答えたくない)

あけましておめでとうございます(今更)

今更なんですが、あけましておめでとうございます。

年末のまとめ記事とか年始の目標記事とかそこかしこで見かけるので、てきとうにマネしてみようかと思いました。

まぁ、てきとうに何かを書きます

 

今年の目標(いまのとこ)
・シュウカツ
・学業なんとか
・放置しているプログラムを発掘してちゃんとしようかなとか
・自宅サーバのReplace
・ノートPCの新調

 

就活は言わずもがななんですよね。自分今大学院の1年生なんですけど(これから2年生になる)、進路キメないとっていう…

学業も、そろそろ本腰入れて研究進めないと何もやらないまま終わってしまう…アカン…………

 

で、放置しているプログラム。ぱっと思いつくのは2つ。

1つはAskMonaのクライアント(もな茶漬け)。タブ機能つけようとして色々いじってたら、過去自分が書いたコードが汚すぎてフルスクラッチで作り直す事を決意した…のはいいけど作業を何もやってないんですよね。今まで書いたものを全部無かったことにする訳だし勇気が…

2つめはツムツムの自動プレイヤー。ツムツムはその他のソシャゲと同じで、プレイにスタミナみたいなもの(ハート)が必要になる。で、このハートをLINE友達と相互に送り合う事が出来るので、時間で回復するのとは別に、ハートを得ることが出来る。一時期ハート交換グループに所属していた事があって、そのときに得たハートが沢山残っている(1ヶ月間以上連続プレイ出来る分量)。
で、ツムツムっていうゲーム、上手にプレイする事もそうなんだけど、とにかく沢山プレイしてレベルを上げていかないとスコアが上がらない。
つー訳でこれ自動化出来ればだいぶ捗るんじゃね〜〜〜〜?と思って1年ちょいくらい前にOpenCVでなんやかややってたんだけど、その当時まだプログラミングに全然慣れていなかったのでクソみたいなコードを書き連ねて、そのままお蔵入りになってしまった…
多少慣れてきたはずなので、今ちゃんとやりたいところ。

実は他にもあると言えばあるんだけど、面白そうかな〜やりたいな〜って思ってるのは取り敢えずこの2つ。

これとは別に、友達と「こんなシステム(サービス)あったら便利だよな〜」ってお話をして、設計とかやってる最中なのがあるんですが、これはもう用途がニッチなのであんまりおおっぴらにはしないかなーと。

 

つぎ。自宅サーバのReplace

今使ってる鯖は、もう十年近くもまえに組んだデスクトップPCの流用なので、相当キツい。オンボードのグラフィック機能が死んで画面表示が出来ない状況になっていて、結構ギリギリの状態で生きている。

AMDで組めば安くそれなりのものが出来るんじゃないかと(Ryzen期待)思っている。消費電力も抑えられればそりゃ嬉しいし、性能が上がれば仮想化してサーバを分けたりしたい。(今は自宅鯖とは別にNASとして別マシンを稼働させてる)

Ryzenの続報とか実際のベンチとか、情報が出てくるまで待つ心積もり。

 

さいご、ノートPCの新調

今使ってるのは大学入学時に購入したVAIO(S series)。載ってるのはCore i5 480Mで、もう世代的にキツい。それから、ずっと持ち歩いているからか、普通に角とか破損してるし、液晶周りのベゼルとかももうバキッと行きそうなレベルで亀裂が入っている。あと重い(物理的に)

という訳で新調を考えている。

候補はMacBook Pro Late 2016かDell XPS13 9360あたりかな。他にもあるかも?

・US配列に出来る事
->JIS配列本当にやめてほしい
・トラックパッドのスイッチが扱いやすい(出来れば独立して欲しいけど妥協可)
->Surface Pro 4のトラックパッドとか最悪
・Linuxうごく
->某Lenovoのヨガった奴みたいな事してくれないでくれると助かる(修正BIOS出てるらしいけど怖いジャーン?)

あたりを気にしている。モニタサイズは13インチくらいであれば良いけど、本体重量とか厚みとか電池持ちとかはあまり気にしてません。どうせ今使ってる奴より状態が悪くなる事はきっとないのだ、古いし劣化してるしなので。

なんでMacBookが入り込んでいるのかというと、どうせ新しくするなら、今まで触れたことのない新しい世界に飛び込んでみるのもいいんじゃないかなと思っただけ。ちょうどAppleレートも効いてるし、24回ローン金利0%キャンペーンもやってるし。あとバタフライキーボード割と嫌いじゃないです。

Linuxは現状動かないみたいだけど、macOSってUNIXベースなんでしょ?まぁなんとかなるっしょ()みたいな感じでナメきっている。で暫くしてLinux動くようになりそうだったら、ArchLinux突っ込んでしまえと思っている感じ。

で、まぁ、候補がいくつあろうが、どれにしようかなと悩もうが、結局お金が無いのでどうしようも無いんですけどね。

 

 

また何か思いついたらまた新しい事やると思います。いきあたりば(ま)ったり。

bashでゼロパディングする手法2つ

連番を頭につけたファイル群を取り扱う時、並び順を考えるとゼロパディングしておきたくなる。

例えばソートしたときに、

1
10
11
~略~
2
20
21
~略~

みたいな事されると、理想の並び順ではない。理想は勿論、

1
2
~略~
10
11
~略~

というような状況。最大桁数をカバー出来る桁数でゼロパディングしておけばこういう事故も起こらないはず…

という訳でゼロパディングする手法2つ。

話を簡単にするために8~12の5つを作ってみる。

 

その1

$ for ((i=8; i<13; i++));do
str=00$i;
str=${str:(-3)};
echo $str;
done
008
009
010
011
012

2行目では008~0012までを単純に作る。後にこれを${str:(-3)}で、末尾から3文字だけ取り出す事によってゼロパディングをする。

 

その2

$ for ((i=8; i<13; i++));do
str=`printf "%03d" ${i}`;
echo $str;
done
008
009
010
011
012

C言語のprintfでゼロパディングするときと同じ感覚。

 

 

その1の方がすっきりと言えばすっきりだけど、2行にまたがるのが微妙な気持ち(1行にまとめる方法は勿論ありそうだけど)

その2なら新たな記法を覚えなくて済むし簡単に1行にまとまるから良い…けれどbashで、という気持ちのくせになぁ、みたいな…そもそもforの中身がCスタイルなんですけど。

マルチプロセスとマルチスレッドの区別

C++でマルチスレッドにプログラムを書いた事はあったので、並列動作の基本はOKだぜ!と思っていた。

ネットで拾ったコードを特に意識せずいじっていたらどうしてもうまくいかなくて、途中で気づいた。これマルチスレッドじゃなくてマルチプロセスだ。

 

というわけで区別しましょう。

 

まずはマルチプロセス

まずはマルチプロセス。fork()関数で子プロセスを作るんだけど、これ、状態を全部コピーした上で子プロセスが動く。例えば以下のようなコード。

#include <iostream>
#include <unistd.h>
using namespace std;
int i;

int main(){
 i=0;
 cout<<"process fork test"<<endl;
 pid_t pid;
 if((pid = fork()) == 0){
 cout<<"this is child"<<endl;
 sleep(10);
 cout<<"child dead"<<endl;
 cout<<"i:"<<i<<endl;
 }else{
 sleep(5);
 cout<<"this is parent"<<endl;
 i++;
 }
 return 0;
}

fork()は、プロセスをフォークしてくれる関数だが、この戻り値をうまく使う。戻り値は、当人が(?)子プロセスの場合には0、親プロセスの場合には子プロセスのPIDを与える。

これを実行すると、

[tea@teaarch]$ ./a.out
process fork test
this is child
this is parent
[tea@teaarch]$ child dead
i:0

のようになる。

実行の順番は、

1. i=0に初期化
2. フォーク
3. 5秒経過
4. 親プロセスが自己紹介してi++;して終了
5. 5秒経過
6. 子プロセスが自己紹介してiの中身を出力して終了

単純に考えると、6.では1を出力しそうなもんだが、別プロセスであり、(マルチスレッドの時のように)共有していないので、インクリメントされる前のiを子プロセスは持っており、インクリメントされないまま出力を迎える。

それから、親プロセスが終了した時点で、制御が帰ってくるみたい。(親プロセスが終了しても子プロセスは生き残る)

 

それからマルチスレッド

こちらはプロセスの中で処理スレッドを増やすものなので、メモリ空間は共有。例えば以下みたいなコード。

#include <iostream>
#include <thread>
#include <unistd.h>
using namespace std;

int i;

void sub_thread(){
 cout<<"[s]this is sub thread"<<endl;
 sleep(3);
 cout<<"[s]i:"<<i<<endl;
 sleep(3);
 cout<<"[s]i:"<<i<<endl;
}

int main(){
 i=0;
 cout<<"multi thread test"<<endl;
 thread t(sub_thread);
 t.detach();
 cout<<"[m]sleep..."<<endl;
 sleep(5);
 cout<<"[m]increment"<<endl;
 i++;
 cout<<"[m]sleep..."<<endl;
 sleep(5);
 return 0;
}

コンパイル時には忘れずライブラリくっつけておく。g++ ./thread.cpp -lpthreadみたいな感じ。実行すると、

[tea@teaarch]$ ./a.out
multi thread test
[m]sleep…
[s]this is sub thread
[s]i:0
[m]increment
[m]sleep…
[s]i:1

動作は、

1. i=0に初期化
2. サブのスレッドt作成(中身はsubthread()が動作する)
3. detach()でスレッドtの管理を放棄(スレッドtが終了するまで待つのは.join())
4. 3秒経過
5. サブスレッドがiの中身表示(0)
6. 2秒経過
7. メインスレッドがiをインクリメント
8. 1秒経過
9. サブスレッドがiの中身表示(1)
10. 4秒経過
11. メインスレッドが最後のスリープをして終了

これ、最後のスリープをしないと、メインスレッドが5秒経過後インクリメントした直後にプロセスが終了する。サブスレッドは6秒たたないと2回めの表示をしないので、つまり、1回目の表示しか実行されない。

 

まとめ

マルチプロセス:fork()とかでうまくやる。メモリの状況はコピーされ、共有されない。親プロセスが終了しても子プロセスは生き残る。親子プロセスで何かやりとりしたければプロセス間通信の手を考える必要がある?(名前付きパイプとか?)

マルチスレッド:threadでうまくやる。メモリの状況は共有される。メインスレッドが終了すると派生した方のスレッドも終了する。スレッド間のやり取り自体は難しくないが、タイミングの制御やロックなど考えないと死ぬ(よくあるマルチスレッドの注意点)

PDFを結合する(pdftk)

PDF結合?取り敢えずImageMagickやろwwwwwwとか思ってconvertバシバシ叩いてたんだけど、圧倒的メモリ不足で全然終わらない(RAM4GB+Swap4GBを全部食い潰していた)

なんやこれと思って暫く悩んでいたんだけど、どうしようもないのでぐぐってみたら、一発目から「pdftk使っとけよw」って煽られたのでそういうことだ。(´・ω・`)

 

pdftk、分割しか出来ないと勝手に思い込んでいた

pdftk [INPUT FILES] cat output [OUTPUT FILE]

処理もサクッと終わるとメモリも全然食わない

わからなければ素直にぐぐりましょう。

Windows10で複数枚モニタの壁紙を設定する

Windows+Iの設定で普通に設定する事は出来るが、やりにくい。

背景設定で、選択したい画像を右クリックすると、どのモニターに設定するか訪ねてくれる。

しかし、この画面ではサムネイルしか見れず、またファイル名も見れない。特にwaifu2xなどで拡大した場合など、非常にわかりにくい。

また、参照ボタンから画像を追加出来るが5つまでしか履歴が保持されない。フォルダ内に壁紙ファイルを放り込んでおき、一覧されたサムネイルから選択する事が出来ない。画像が多い場合には不便だ。

Windows10の設定アプリは諦めようかと思ってもダメ。

コントロールパネルを利用しようとすると、デスクトップのカスタマイズ→個人設定で背景設定へ移動してもWindows10の設定アプリが湧いてきて無意味だ。

しかし、コントロールパネルの中に壁紙を設定するUIや機能はそのまま残っているらしく、直接呼び出せばいけるらしい。

Windows 10のデュアルモニターで別々の壁紙を使いたい – 世の中は不思議なことだらけ

コントロールパネルをそれらしい引数で起動する。

control /name Microsoft.Personalization /page pageWallpaper

上記参考サイトではexplorerのロケーションとして上記を指定するようだが他にも、

・Windows+R(ファイル名を指定して実行)から実行する

・cmd内で実行する

・ショートカットのリンク先として指定する

などでも使える。てきとうなところにショートカットとして用意しておくのが便利で良い。

Ubuntu14.04から16.04に上げたら起動しなくなった

途中で変な状況になっているのを、考えるのが面倒になって強引に進めただけなんですけど。起動しなくなりました。

Kernel Panic – not syncing: VFS: Unable to mount root fs on unknown-block(0,0)

 

rootのファイルシステムが見えませんぜと言われている気がしたので、grubの設定が合わなくなったのかなと思って、grub-installとかやればいいのかな?と思ったはいいものの、マザーボードが古いのかなんなのか(2008年頃のものなので10年近く前か)USBキーボードをgrubメニューの間(後からわかったけど、カーネルが起きてくるまで?)認識してくれない。過去のカーネルで起動して作業しようと思ったけど、これじゃダメだ。Live環境が必要…

手元にあったUSBメモリに入っていたのはArchだったんだけど、強引にいけばイケるんじゃねっと思って強引に作業したら、grub shellに入るようになりました(状況悪化)

 

しょうがないので部屋のどこかにあるPS/2接続のキーボードをどうにか見つけて引っ張り出してきて、接続。grub shellから過去バージョンのカーネルで起動して、それからboot – Kernel Panic – not syncing: VFS: Unable to mount root fs on unknown-block(0,0) – Ask Ubuntuで「update-initramfsしろよな、それからupdate-grub2しろよな!」って書いてあったのでそれを実行。

 

grub> set pager=1
grub> ls
(hd0) (hd0,msdos1) (hd0,msdos5)
grub> set root=(hd0,1)
grub> linux /boot/vmlinux-3.13.0-92-generic root=/dev/sda1
grub> initrd /boot/initrd.img-3.13.0-92-generic
grub> boot

ここまでで新しいカーネル4.4.0-47じゃなくて、正常に動作していた過去のカーネル3.13.0-92で起動できる。

頭のset pager=1で常にmoreみたいな状況にする。ちなみに、lsの結果のmsdos5がswap、msdos1がrootパーティション(/bootもこの中)。

最近/bootを分ける構成ばかりだったので、つまり/dev/sda1が/、/dev/sda5が/bootだと勘違いしていた。容量もそれぞれ600GBくらいと4GBくらい。4番目の操作で間違った入力、つまりroot=/dev/sda5していると、当然起動には失敗する。非常に簡単な対話式の操作画面に入った。これに気付くまで割りと困ってた。

なにはともあれ正しく過去バージョンのカーネルで起動したらログインして、terminalから以下のような感じ

$ sudo update-initramfs -u -k 4.4.0-47-generic
$ sudo update-grub2

カーネルバージョンが不明の場合には、dpkg –list | grep linux-image-とかで調べましょう。

あとは再起動してやれば完了。

Cinnamonクラッシュ対応しようとしたらArchLinuxごと起動しなくなった

発端はCinnamonがクラッシュしたところ。Ctrl+Alt+F2でtty2に移動して$ cinnamonすると、libreadline.so.6が無いよ、と。

取り敢えず再起動しても状況は変わらない。そもそもCinnamonが起動しない。

インストールされているのはreadlineの7らへんだったので、cinnamonがまだ対応出来てないのかなと思って、じゃあreadlineを6系統にダウングレードすれば良いのでは、という強引な発想をした。

pacman -Rdd readlineしてローカルのパッケージキャッシュからインストール…

したら起動しなくなりました。てへぺろ。

 

GUIが、とかじゃなくて、そもそもログイン画面まで届かない(CUIなログイン画面にも届かない)。

しょうがないので、元に戻すことに。

 

Live環境からarch-chrootして、そこでpacman -S readlineしちゃえば良いのでは?

と思っていたのもつかの間、arch-chrootがlibreadline.so.7を要求していて出来ない。ただのchrootだとpacmanとか出来ない(/etc/mtabが無いよ、とか言ってくる)ので、arch-chrootがいいんだけど。

arch-chrootはシェルスクリプトなんですよ、というのをどこかで聞いた記憶があったので、じゃあそれの動作を一つ一つやればいいんちゃう?と思ったあたりで、archwikiを見に行くと、ズバリな記述を見つけたので、それを参考にchroot。chrootを使う – Change Root – ArchWiki

その後pacman -S readlineしたけれど、GPGME error: invalid crypto engineと怒られて出来なかった。–forceつけても変わらないので、もうめんどくさいので/etc/pacman.confでSigLevel=Neverにしてreadlineだけアップグレード、pacman.confもとに戻して、chroot抜けて再起動!

# mount /dev/sdb2 /mnt
# mount /dev/sdb1 /mnt/boot
# cd /mnt
# mount -t proc proc proc/
# mount --rbind /sys sys/
# mount --rbind /dev dev/
# mount --rbind /run run/
# cp /etc/resolv.conf etc/resolv.conf
# chroot /mnt
# vi /etc/pacman.conf
# pacman -S readline
# vi /etc/pacman.conf

そしたら起動するようになった

 

この起動はゴールではなく、最初の状況に戻ってきたってことだ。

 

変わらずCinnamonはlibreadline.so.6を要求してクラッシュし続けるので、tty2に移動して、libreadline.soで検索、ダメ元だけど、そこにlibreadline.so.6という名前でシンボリックリンクを張って再起動してみた。

ら、Cinnamon普通に起動しました。これでやっと普通に使える。

GPTなディスクをMBRにする

MBRからGPTはなんだか気づいたらなってることもおおいし(?)別にわりとどうでもいいんだけど、その逆は気づいたらなってるってことも無いのでメモ。

一発メモっておけば記憶にも残るでしょうということで。

parted /dev/sdb -s mklabel msdos

単純な感じだった。

参考:GPTをmbrに変換 – Qiita