輸入盤アニメDVDを買ってみた

輸入盤。海外仕様の円盤になるけれど、かなり安く手に入るという事で前から気にはなっていたんですよね。

今回購入したのはグレンラガン。字幕言語が2種以上あるので、映像そのものに埋め込まれているのではなく、プレイヤー側で表示しているはず。元の映像だけ取り出すor再生出来ればそれで問題ない。音声もきちんとオリジナル日本語という表記がある。

 

なんだか安っぽいぞ(

なんだか安っぽいぞ(

 

まぁともかく、取り敢えず開けてみると

開けたら外れてた

開けたら外れてた

 

Oh…

内部に余裕が無い訳でもなく、円盤がさらさら回れる程度には余裕を持ったつくりなのだが(衝撃で簡単に取れてしまうほど余裕が無いような設計でもなさそうなのに)外れていた。輸入・輸送時に大きな衝撃でもあったのだろう、うん。

 

ちなみに、順番が

ディスク1, 2

ディスク1, 2

 

ディスク3, 4

ディスク3, 4

 

ディスク5, 6

ディスク5, 6

 

真ん中だけ上下逆さだけど

 

 

Disc1のデータ量が6.34GBらしいので、片面二層かな。1話につき1GB前後使っているので、5000kbpsいかないくらいか?

本来の(国内で売られている)DVDレベルの画質がどの程度なのかわからないし、ビットレートもわからないけど、画質はよくない。とても良くない…。音についてはそこまでしっかりした出力系統を持っている訳じゃないし、そんなに良い耳でもないのでよくわからないけど、画質は良くない。

Amazonのレビューで

「視聴が出来れば高画質や高音質までは要求しない」という方なら満足して楽しめると思います。

とあったのをもう少し信用するべきだったなといった気持ち。

 

DVDだからこのくらいなのかなと思い込む事にしたので、Blu-ray製品を何か買ってみる次第。買ってもBlu-rayドライブはPS3とDigaくらいしか持ってないんだけど。

Anonymous Adsから払い出しがあった

Anonymous Adsを入れたで書いたように、広告を表示するようにしてみたんだけど、早速払い出しがあった。はやい。

 

今回払い出されたのは10004Satoshi。アクセス殆どされてないと思うけれど、そんなので1万Satoshiももらっちゃっていいのだろか

 

Ad UnitのStatsに表示されている、unique impressionsが自分自身のアクセスではない事を祈りつつ…

Anonymous Adsを入れた

要はただのWeb配信広告なのだけど、Bitcoinで報酬が頂けるという点が普通と違う。それから少額からでも払いだしてくれる。

他にはCoinURLとかもあるけど、そちらとは違い、審査が無い。無料ブログサイトは登録できないとかいう残念な状態にもならないみたい。

 

サイトを眺めている感じだと、広告を掲載する事も可能な感じ。というかみんながそうやってBTCを払って掲載した広告が配信されるんだろうか?

 

まだ設置したばかりで実際のところ払い出しもないしどのくらいになるかわからないけれど(というかこのブログ見てくれる人いるのかすらわからないけれど)、まぁ暫く様子を見てみましょう。

 

自分もやりたいゾと思ったなたは↓のリンクからどうぞ

Advertise with Anonymous Ads

aviutlでバッチ出力中にバッチを追加するとどうなる?

バッチはaviutl本体と同じところに、batch0.aup, batch1.aup, batch2.aup, …と言った具合に順繰りに保存されていき、バッチ出力をするときにはこのaupを読み取って出力されていく。

正常に出力が完了したaupファイルは削除するというオプションがデフォルトでONになっているので、batch0.aupから消されていく。

さて、それではバッチ出力中に追加するとどうなるのか?

 

結論から言うと、特に意識する必要は無く、問題無い。(たぶん)

 

想像した懸念は、

・0~2を作る

・出力を始める

・0が完了する

・0が削除される

・1の処理が始まる

ここで追加すると、新たなaupファイルは3になるのか?それとも0になるのか?aviutlが認識しているバッチ出力リストは更新されるのか?0になっていた場合出力リストの頭に追加されるのか?

 

実験してみた所、

・追加したaupファイルは0として保存された

・1の処理が完了し2の処理が始まった時、aviutlのバッチ出力リストは0を認識

・0はバッチ出力リストの最後(2の後)に追加された

といった具合。

 

aviutlのバッチ出力リストは、てっきりファイル名から順番を作っているのかと思っていたけど、違うっぽい。作成日時とかかな。(未確認)

 

結局(最初に言ったけど)、特に意識しなくても、特に心配しなくても、大丈夫という事だ。うんうん。

 

 

aviutlを使ったエンコ鯖、データ突っ込んでaupは別環境で作ってとにかく放り込めばそれで後はひたすら出力してくれる感じに作れるのでは(aupの中でのファイルパスの取り扱いがよくわからないからそこをもうちょっと調べればデータ突っ込むのも不要にならないかな)。

どうせh265のトランスコードはめちゃくちゃ時間かかるし、深夜帯のアニメはほぼ全て録画している訳だから常に(ロスタイムなしに)処理させるつー事も可能なのでは…と妄想が広がる。

ただ、以前1クール分くらい一気にバッチ出力した時には、途中でffmpegがエラー落ちして処理が止まってしまっていたので、そういう所をなんとかできないかなぁ、と…

動画編集は大した事してなくて、aviutlを使っているのは、基本的には映像を見ながらCMの場所を探しているだけ。フレーム単位でカット場所が決められればffmpegでやれば色々良いのに、とは思う。Windowsである必要がなくなるし。

 

デスクトップPC、そろそろ新調したいなぁと思っているけれど、今使っているのをエンコ鯖にしちゃおっかなとか思っているのは前々からなので、こういうあたりから色々捗るかなーと(頭の中だけ)

録画映像たちの処理についてぼやき

CMカットのためだけにaviutl呼んでffmpegに出力まわすの無駄な気がしてきた、切ない #切ないっつーかやる気が出ない感じ

音声の切れ目はあまり意識しなくてもなんとかなる事が多いので映像(画像)ベースで切れ目を判断してるけど、局ロゴとかで自動判別やれそう…だけれど出来ない事が常なんですよねぇ(やれるけど精度がよくない)(提供を見つけられなかったりする)(それを手作業でなんとか修正するなら最初から手作業にする)

出力にx265guiexとか使えばいい感はあるけど、aviutlのプラグインの設置方法がいまいちいつも覚えられない。ffmpegを使うなら、aviutl→ffmpegってできるような環境さえ作れれば、あとはアップデートされるたびにffmpegのバイナリだけ置き換えればそれで十分だし、もうそれでよくね…って思うでしょ、そりゃ(笑)

 

結局現状は手作業で頑張るしか無いんだけど…頑張るしか無いんだ…頑張るしか……

 

がんばろ。

Wordpress

WordPress設置しました

Wordpress

入れたぞ!

fc2ブログから移行しようかなという目的で、設置しました

 

暫くはこっちで運用していって、頃合いを見計らって、fc2ブログからこっちに過去記事の移行とかもして、そのままfc2とはさようならしようかなと思っています

 

 

要素が多すぎて凄く難しいですね、Wordpress(笑)