PC新調(すこし)した

構成はCore i7 6700K + Z170を基本にしててきとうにした。

新調に「すこし」とつけているのには理由があって、要はお金が無いから本当に必要な部分だけを先に揃えて、ひとまず動く状態にしたってだけ。本当に一式揃った時点で改めてまとめる予定(そのときに最終的な構成も書く)。

という訳で、これは思いついた事をつらつら列挙するまとまりのない記事にします。

 

6700Kにはリテールクーラーが付属してこないので、Thermaltakeの安いクーラーを取り敢えずで。

ケースにはCorsairのCarbide Air 540を選んだので、普通にATXマザーに普通サイズのクーラーという状態なら、中身は相当スッカスカ。異常に広いところに普通のパーツという訳で。一応理由はあって、将来的には水冷を考えているので、それ用のスペースを先に確保しておいた感じ。

ラジエータはケース上面に「ラジエータとか設置しろよな」ってスペースがあるので良いとして、リザーバとかポンプの置き場は用意されてはいないので、それを見据えたのだ。暫くお金ないしいつ実現するかわからんけど。

ケースのデカさはこれを見るとわかる。女性が抱えているからか、異常に大きく見える。しかし、実際にはそこまでのサイズ感ではなく、従来メインマシンで使っていたCoolerMaster CM690 II Plusと背の高さは似たようなもので、幅が2倍弱あるくらい。

 

一番取り敢えず感漂うのはPSUで、GAWのBlack Widow用に購入しておいたFSPの650W品を流用。80PLUSのどこまで認証通ってるのかも把握してないくらい取り敢えず。Haswell対応かどうかも把握してないけど、自分の使い方では、省電力というよりパフォーマンス寄越せよ(強い拘りでもないけど)、くらいの状況なので、最小電流は気にしなくてもいいよな…みたいな感じ。

 

GPUは今回は用意せず(当初の予定ではGTX960を安くっていうの考えてたけど、予算の都合で後回し)、RadeonのRX480のベンチとか出回る頃にまた考えようかな、くらいの認識。

Lyra2rev2の採掘でパフォーマンス出るようなコアを選ぶつもり。

どうせ高すぎて手が出ないから関係ないんだけど、GTX1080で50MH/s前後出るってマジ?diff600として50MH/sで1日回せば80MONAくらい、という訳で板を10万円くらいで入手したとすると、(電気代を考慮しなければ)200日くらいで元が取れる訳だ。高すぎて手が出ないんだけど(欲しい)。

 

あと、今回の組み立てでめっちゃ思ったんだけど、CPUの取り付けとかマザーの取り付けとか諸々のデバイス取り付けとか全然迷わないし、取り敢えずそこにあるケーブルを刺さりそうなところにバシバシ刺してけば解決するから、本当にPC組み立てって簡単になったなって思うんだけど、CPUクーラーの構造が複雑過ぎてつらい。

プッシュピンタイプで大きいの取り付けるのは抜けるの怖いから考えてないんだけど、バックプレートタイプだと構造が複雑すぎる。似たようなパーツとかちらちらあったり、固定の仕組みが全然違ったり。

CPUクーラーの構造を共通化しろなんて言わないけど、取り付けマニュアルのわかりやすさが向上するといいんだけどなぁ。

 

忘れてたけど、OSにはWindows10入れておきました。従来環境からのデータ諸々の移行が完了し次第ライセンス認証通して、従来のメインマシンはSSDをSecure Eraseした後Linux入れて、お家でコード書く用の環境にしようかと。パワーもあるのでビルド等々に不便はなさそうだし。

今回組んだマシンはやっぱWindowsで運用します。仮想マシンでの動作を禁止するゲームも多いみたいだし(特にオンラインゲーム)、メインのOSをどうたら〜とかいう発想ではなく、この用途ではこれ、あの用途ではそれ、という発想の方がいいかなと。

従来マシンだってCore i7 870と型落ち世代落ちではあるけど、まだまだ頑張れるはずだし。

 

おしまい。

 

ノートPCの初期化作業

ノートPCのストレージが壊れたで書いたように、SSDのSecureEraseとシステムの再インストールを敢行する事にした。

その手順の記録。

 

まずはSecureErase

基本的に、「SecureEraseするドライブはセカンドドライブであること」という記述のページばかり見つかる。以前やった時はシステムドライブであってもUSBブートとかでできたような…

と思って探していると、HDDeraseというソフトを使えという記事を見つけた。

しかしHDDeraseをインストールしたUSBスティックから起動できない。デスクトップPCなら動くみたいなので、ノートだからみたいなアレかなと

設定項目の存在しないカスタムBIOS割りと心の底からやめて欲しい(そこが原因なのかは知らんけど)

しょうがないのでデスクトップPCにSSD接続してHDDerase使うか~~と思ったけど、どうせデスクトップPCに接続するならIntel SSD Toolbox使えばええやろ(今回のSSDはIntel SSD 520シリーズなのだ)、という感じで作業した。

とにかく、

・素直にセカンドドライブとして接続する

・メーカー謹製のソフトウェアを使う

・電源サイクルとかいうヤバそうな所業も怖がらずやる

という感じで。

 

さてSSDの初期化が完了したら、次はシステムのインストールだ。AntergosはGUIインストーラを提供していて、細かいことは全部コイツがやってくれる(だからAntergos使ってる)

特に困ることはないだろうという事で全部割愛()

今までやってきたカスタマイズは全部初期化されているけど、必要なカスタマイズは必要になったときにやるでしょうという事で。

ただ、デフォのままだと数字と記号が表示されなかったのでこれは困った(何かの設定が変なのかと思って設定項目いじろうにも歯抜けしまくりで何も読めない感じ)けれど、ttf-miguとかttf-koruriとかをてきとうに放り込んだら見えるようになった。よかったよかった

 

 

前の環境の感覚で操作するといろいろ勝手が違いそうなので、そのへんが多少憂鬱ではあるけど、ドットファイルを引っ張ってくるだけで状態をそのまま移行できるシステムは非常に楽で良いですね

 

何の知見も存在しないゴミ記事になってしまった…

 

 

 

 

ArchLinuxでBrotherのHL-L2300を使う

BrotherのHL-L2300というレーザープリンタを衝動買いした。

何故買った

小型のプリンタが安く欲しいなと思って(狙っていたのはCanonのiP2700。3000〜4000円くらいで売ってる)ヨドバシに向かった結果、思ったより小さくない事、もっと小さいのを狙うとモバイルプリンタという括りになって、お値段が一気に2万円オーバーになること(予算は殆ど無い)がわかった。

小型、安価といのは店員さんも苦笑の要求の高さだったのだ。

で、どれくらいの頻度で印刷するの?と言われて、3ヶ月に一度、良くても月イチくらいですかね〜とか言ったら、それならレーザープリンタの方が良いんじゃないですかね、と。

インクジェットだと使用間隔が開くとインク詰まりで死ぬので頻繁に印刷するのでなければなんとかかんとか(よくわかってない)

で、もう小型も諦めていたので、この際買っちまうか、みたいな謎のノリで、大して小型でもなく、当初の予算からしたら圧倒的高価となるレーザープリンタを買ってしまったのだ。

 

使う

さて、買ったのはいいんだけど、Linux使いの常として、デバドラの提供具合が不安な訳だ。Brother公式からは.rpmと.debしか拾えなくて、ArchLinuxでどう使うっていうのはなんだか面倒そう。

aurを漁っていたらやっぱりあった、それらしいもの。brother-brgenml1だ。コメントに、

Works also for the Brother HL-L2300D.

とかいうのもついていて、今回買ったのはHL-L2300でDついてないけど、まぁ似たようなもんでしょ〜とか言って取り敢えずこれをインストール。

CUPSのWebインターフェースからでは、追加画面でうまくいかなかった(追加→プリンタ選択→認識されてるHL-L2300を選ぶ→各種情報入力→待つ→エラーが発生しました。エラーメッセージは「成功しました」)ので、コマンドラインから。

 

使えるようにする作業

$ yaourt -S brother-brgenml1
$ sudo lpinfo -v | grep HL-L2300
direct usb://Brother/HL-L2300%20series?serial=Exxxxxxxxxxxxxx
$ sudo lpadmin -p HL-L2300 -E -v usb://Brother/HL-L2300%20series?serial=Exxxxxxxxxxxxxx -P /usr/share/cups/model/brother-BrGenML1-cups-en.ppd

これに成功するとプリンタ一覧に表示されるようになったので、テストページ印刷して、動作確認。このモデルはカラープリンタではないので、テストページがちょっと味気ないけど、まぁいいか。

 

そのた

初期装備トナーは600枚くらい印刷出来そうな分量らしい。本来のトナーカートリッジはTN-28Jという奴で、2600枚とか。でもぶっちゃけ自分のような使い方で600枚を使い切るのもいつになるんだって感じだろうしなーとは。

文字を沢山読む時、PCモニタで表示するより、プリントアウトした方が読みやすいっていうのはあるので(解像度と光の強さの問題かな?)、ちょっと長めの文章とか、ちょいちょい印刷しちゃおうかなって気持ちになるくらいには喜んでいる。だって印刷めっちゃはえーし。ランニングコストはそう高く無いし(公式によると3円/枚くらいだそうな)。

消費電力は最大で400Wくらいあるみたいで、スタンバイでも50Wくらい食べるみたい。スリープ中は0.7Wでスリープからの復帰に10秒もかからないとか言ってるからデフォでスリープみたいな運用になるだろうけど、スタンバイ50Wは思ったより食べるなーみたいな印象。家にもともとあったCanonの複合機、MG5130は印刷時で20W未満だそうで、この大電力消費はレーザーだししょうがないなーみたいな感じ。

宅内鯖に接続してプリントサーバにするのもいーなーみたいに思っている。ノートで作業しててもデスクトップで作業してても同じように印刷出来るとなると、そりゃ便利だろうよって感じだし。

ちなみにそもそもなんで小型が欲しかったのかっていうと、持ち運びたかったからであって、このサイズ・重量ともなると、持ち運びは正直絶望的。何のために買ったんだ…。

ASIC用電源のファンを交換した

ASIC用電源の異音がひどいので調べた

で、どうもファンがダメっぽいって結論づけたので、交換した。今回買ってきたのはこれ。

なんだか無闇矢鱈と静かっぽいけど(風量大丈夫か?)

ピンも2本のが欲しいのに3本しかないし(これはよくある事っぽいけど)

 

風量を比較してみるけど圧倒的に違うので、多少本体温度に気をつける必要があるな、と思いつつ、コネクタを強引にすげ替えて、今は稼働中。

 

暫くまた様子見ですね。

ASIC用電源の異音がひどいので調べた

scryptなASIC…と言ってもFuryの事なんだけど、Furyで使っていた電源からの異音が結構ひどかったので(ぶいーんからのギリギリギリみたいな感じ)、調べた。

 

使っている電源はこちら。

電源の外観

電源の外観

 

7月頭頃に注文してからずっと稼働していたので5ヶ月ちかく動いてくれていた事になる。あっさり壊れるかなって思いながら購入したので、その点ではよかった。(レビューには、届いたその日に振ると中からカランコロンと音が聞こえる、とか書いてあったのでビクビクしていた)

 

取り敢えず開封する。周囲のネジを外すだけだ。上の写真で左上に製造年月を示す黄色いシールがあるけど、封印シールみたいになっているのかとおもって緊張していた(もしかして剥がせないと分解できないかな?)けれど、そんな事はなく、ネジも何もそこにはなかった。一応破かないでそーっと作業している。

蓋を開けるとこんな感じ

蓋を開けるとこんな感じ

 

電源からこんな激しい異音なんてどうせファンでしょ、と当たりをつけていたけれど、実際にファンだった。

 

そもそも電源なんて基本的には整流、変圧くらいしかやってないだろうし、音がなるとしたらコイル鳴きくらい。一番の騒音源は冷却用のファンなのだ。

ひとまずファンを取り外して通電してみたけど、無音。という訳でファンが原因でしょう。(いちおう、回路の中のファン部分に負荷が無いって意味では状態が違うから、実際のところはなんとも言えないんだけどね)

 

これ、これ買えないかな

これ、これ買えないかな

 

じゃあファンをなんとかするかなっていう発想になるのは当然だけど、型番検索したら海外の通販サイトしか当たらない。こことかこことか。

メーカーがHUA XIAN DA ELECTRONICとかいう全然聞いたこと無いメーカーだししょうがないかなといった気持ち。

 

この辺のサイトから輸入するか、それとも、12Vで60mm角くらいの、同等性能を持っていると思しきケースファンをそこら辺で買ってくるか、だね。取り敢えずは同等性能を持っていると思しきケースファンを用意する方針でいく予定。

メインPCで使っていたグラボが壊れた

悲劇は突然訪れるものである。

 

 

 

Monacoinが遂に45万ブロック目を迎え、アルゴリズムがLyra2rev2に変わった訳だし、ハッシュ随分減るしDiffも随分下がるんだろうなと思って、昨晩はグラボにフルロードの負荷をかけて採掘をしたのだよ。

それをそのまま放置して学校行って、帰ってきたらこの状態。 画面には周期的なぽつぽつが現れて、突発的に画面がブレる。

ちなみに使っていたのはhttp://www.msi.com/product/vga/N660_TF_2GD5OC.html#hero-overviewこれ。2年位前に買ったもの。

なんやこれと思って取り敢えず再起動するも状況は変わらず、Windowsの復元を試してみようと思っても復元ポイントが1つもないとかいう謎状況(笑)

熱かなと思ってmsi after burnerで強引にファンをゴリゴリ回してみたけどダメ。

BIOS画面では状況が再現出来ないから、負荷量かソフトウェア関係かなと当たりをつけ、取り敢えず負荷量を減らしてみようと思っては見たものの、どうやってやる?色深度を32ビットから16ビットに減らしたらなんだか落ち着いた…けれど少し経つと再発(笑)

最新ドライバが来てたから更新してみたけどやっぱり変わらず。

接触不良かなとか、デュアルモニタやめて1枚にしてみたらどうかなとか、グラボ固定のネジはずしたらどうかなとか、その他デバイス全部外したらどうかなとか………

 

諦めつつあって半ばやけくそしたのがこちら。  

 

 

 

さて結局どうしたかというと、以前使っていたELSAのGTX460なグラボを引っ張りだしてきて、それに交換したのだ。MonacoinがASICでなくGPUでそれなりにまともに掘れるようになったと思ったらグレードダウンを余儀なくされるというのはなんという仕打ちか、って感じである。

CPUはi7-870で多少古いし、ストレージもCrucial C300でこれも多少古いし、HDDもゴチャゴチャ汚いし、って感じなので、暫くはこの状況で使ってひっそりと過ごして、お金が貯まったらもう新調しちゃおっかなって思っている。お金はきっと貯まらない(´・ω・`)

 

最近、手持ちの機械がモリモリぶっ壊れてる感じがして、大学の友人が3年生の頃似たような状況になっていたのを思い出した。イヤホンはだいぶ前から不調で(MDR-NC33は接触悪すぎ、ATH-BT04NCは端子のメッキが剥がれてる)、The Furyに使ってたACアダプタも死ぬ(別に電源用意したので今のとこおk)、キーボード(DとJと4のキートップがいなくなってて、右Shiftもそろそろ逝きそう、ZX↑↓はスイッチが消耗)、そして今回のグラボだ。並べると一気に壊れてる感じする。印象操作だ(?)

 

さて、次は何が壊れるのかな~

キーボードが壊れた

元々StepManiaのやり過ぎで、ZX↑→のスイッチの反応が非常に悪く、快適な入力のためにはウォーミングアップと称して20~30回程連打しなければいけないような状態であったけど、今回、キートップが壊れました(笑)

Dキーが死んだのさ…

Dキーが死んだのさ…

 

少し見難いのだけど、そういう事です。Dキーのキートップはこんな感じ。

 

Dキーのキートップ。中の支えが真っ二つである

Dキーのキートップ。中の支えが真っ二つである

 

 

キートップは死んだけれど、キーのスイッチは流石のCherry茶軸で、全くもって健全なのである。という訳でキートップの無いまま使う事にした。物凄い違和感を左手に感じながらの操作となる。

指の触る部分が深い位置に変わるのでCやXを押してしまう可能性が高い。Xは反応が悪いので多少押してしまっても良いけれど、Cはダメだ(笑)

 

暫くはこのままでいくけれど、右Shiftキーもその状態になりつつあるし、つい今Jキーも吹っ飛んだ(中の支えが壊れつつある?)。次のキーボードにどんなのを使おうかなと思って真っ先に思い浮かぶのは、青軸採用キーボード。打鍵音の気持ちよさはダントツな訳で、前々から大変な憧れがあったのである。

 

 

ま、「暫くはこのまま」っていうのは、お金無くてすぐには買えないってだけなんですけどね~