Ubuntu14.04から16.04に上げたら起動しなくなった

途中で変な状況になっているのを、考えるのが面倒になって強引に進めただけなんですけど。起動しなくなりました。

Kernel Panic – not syncing: VFS: Unable to mount root fs on unknown-block(0,0)

 

rootのファイルシステムが見えませんぜと言われている気がしたので、grubの設定が合わなくなったのかなと思って、grub-installとかやればいいのかな?と思ったはいいものの、マザーボードが古いのかなんなのか(2008年頃のものなので10年近く前か)USBキーボードをgrubメニューの間(後からわかったけど、カーネルが起きてくるまで?)認識してくれない。過去のカーネルで起動して作業しようと思ったけど、これじゃダメだ。Live環境が必要…

手元にあったUSBメモリに入っていたのはArchだったんだけど、強引にいけばイケるんじゃねっと思って強引に作業したら、grub shellに入るようになりました(状況悪化)

 

しょうがないので部屋のどこかにあるPS/2接続のキーボードをどうにか見つけて引っ張り出してきて、接続。grub shellから過去バージョンのカーネルで起動して、それからboot – Kernel Panic – not syncing: VFS: Unable to mount root fs on unknown-block(0,0) – Ask Ubuntuで「update-initramfsしろよな、それからupdate-grub2しろよな!」って書いてあったのでそれを実行。

 

grub> set pager=1
grub> ls
(hd0) (hd0,msdos1) (hd0,msdos5)
grub> set root=(hd0,1)
grub> linux /boot/vmlinux-3.13.0-92-generic root=/dev/sda1
grub> initrd /boot/initrd.img-3.13.0-92-generic
grub> boot

ここまでで新しいカーネル4.4.0-47じゃなくて、正常に動作していた過去のカーネル3.13.0-92で起動できる。

頭のset pager=1で常にmoreみたいな状況にする。ちなみに、lsの結果のmsdos5がswap、msdos1がrootパーティション(/bootもこの中)。

最近/bootを分ける構成ばかりだったので、つまり/dev/sda1が/、/dev/sda5が/bootだと勘違いしていた。容量もそれぞれ600GBくらいと4GBくらい。4番目の操作で間違った入力、つまりroot=/dev/sda5していると、当然起動には失敗する。非常に簡単な対話式の操作画面に入った。これに気付くまで割りと困ってた。

なにはともあれ正しく過去バージョンのカーネルで起動したらログインして、terminalから以下のような感じ

$ sudo update-initramfs -u -k 4.4.0-47-generic
$ sudo update-grub2

カーネルバージョンが不明の場合には、dpkg –list | grep linux-image-とかで調べましょう。

あとは再起動してやれば完了。

Cinnamonクラッシュ対応しようとしたらArchLinuxごと起動しなくなった

発端はCinnamonがクラッシュしたところ。Ctrl+Alt+F2でtty2に移動して$ cinnamonすると、libreadline.so.6が無いよ、と。

取り敢えず再起動しても状況は変わらない。そもそもCinnamonが起動しない。

インストールされているのはreadlineの7らへんだったので、cinnamonがまだ対応出来てないのかなと思って、じゃあreadlineを6系統にダウングレードすれば良いのでは、という強引な発想をした。

pacman -Rdd readlineしてローカルのパッケージキャッシュからインストール…

したら起動しなくなりました。てへぺろ。

 

GUIが、とかじゃなくて、そもそもログイン画面まで届かない(CUIなログイン画面にも届かない)。

しょうがないので、元に戻すことに。

 

Live環境からarch-chrootして、そこでpacman -S readlineしちゃえば良いのでは?

と思っていたのもつかの間、arch-chrootがlibreadline.so.7を要求していて出来ない。ただのchrootだとpacmanとか出来ない(/etc/mtabが無いよ、とか言ってくる)ので、arch-chrootがいいんだけど。

arch-chrootはシェルスクリプトなんですよ、というのをどこかで聞いた記憶があったので、じゃあそれの動作を一つ一つやればいいんちゃう?と思ったあたりで、archwikiを見に行くと、ズバリな記述を見つけたので、それを参考にchroot。chrootを使う – Change Root – ArchWiki

その後pacman -S readlineしたけれど、GPGME error: invalid crypto engineと怒られて出来なかった。–forceつけても変わらないので、もうめんどくさいので/etc/pacman.confでSigLevel=Neverにしてreadlineだけアップグレード、pacman.confもとに戻して、chroot抜けて再起動!

# mount /dev/sdb2 /mnt
# mount /dev/sdb1 /mnt/boot
# cd /mnt
# mount -t proc proc proc/
# mount --rbind /sys sys/
# mount --rbind /dev dev/
# mount --rbind /run run/
# cp /etc/resolv.conf etc/resolv.conf
# chroot /mnt
# vi /etc/pacman.conf
# pacman -S readline
# vi /etc/pacman.conf

そしたら起動するようになった

 

この起動はゴールではなく、最初の状況に戻ってきたってことだ。

 

変わらずCinnamonはlibreadline.so.6を要求してクラッシュし続けるので、tty2に移動して、libreadline.soで検索、ダメ元だけど、そこにlibreadline.so.6という名前でシンボリックリンクを張って再起動してみた。

ら、Cinnamon普通に起動しました。これでやっと普通に使える。

GPTなディスクをMBRにする

MBRからGPTはなんだか気づいたらなってることもおおいし(?)別にわりとどうでもいいんだけど、その逆は気づいたらなってるってことも無いのでメモ。

一発メモっておけば記憶にも残るでしょうということで。

parted /dev/sdb -s mklabel msdos

単純な感じだった。

参考:GPTをmbrに変換 – Qiita

ddするときに進捗状況をを確認する

pkill使えとかいうのが多いんだけど、killとかいう言葉が怖いし、pv使えばかんたんにいけるっぽいというお話。

パイプを使ってcatをpvに通してそれをddに通す。

ddでもpvコマンドを使えば進捗を簡単に見れる

ddでもpvコマンドを使えば進捗を簡単に見れる

 

cat→pv→ddという流れさえ覚えておけば簡単に使えるね。

ちなみにpvのインストールは普通にpacmanで良い

$ sudo pacman -S pv
$ cat ./img | pv |sudo dd of=/dev/mmcblk1

みたいな感じだね

既存のArchLinuxからUSBメモリにArchLinuxをインストールする

USBメモリから起動するArchLinux、という環境を作る。通常のHDDやSSDにインストールしてそこからブートする感覚で、ストレージデバイスとしてUSBメモリを使う。

普通にArchLinuxをインストールする時、isoイメージから起動ディスクを作成して、そこからブートしてインストールするが、今回は既存の環境から必要なデータをコピーするようにした。

ちなみにUEFI+GPT環境。(今回のターゲットはSurface Pro 4だったりする。Secure bootは気にしない方向で…)

 

なにはともあれlsblkしてUSBメモリが/dev/sdbである事を確認。

ついでにarch-install-scriptsをインストールしておく。

 

最初の山(最初っていうか山はこれしかない気もする)、パーティショニング。

購入したばかりのUSBメモリ(16GB)、MBRだったのでGPTに変換して、パーティションを切る。作業はともかく、こんな状態であれば良さそう。

# gdisk /dev/sdb
GPT fdisk (gdisk) version 1.0.1

Partition table scan:
MBR: protective
BSD: not present
APM: not present
GPT: present

Found valid GPT with protective MBR; using GPT.

Command (? for help): p
Disk /dev/sdb: 30497664 sectors, 14.5 GiB
〜略〜

Number Start (sector) End (sector) Size Code Name
1 2048 1050623 512.0 MiB EF00 EFI System
2 1050624 30497630 14.0 GiB 8300 Linux filesystem

Command (? for help):

要は、

・/dev/sdb1がEFI System(/bootになる)
・/dev/sdb2がLinux filesystem(/になる)

という事。

ターゲットになる環境はRAMが8GBあるし、メインストレージがUSBメモリになるのでswapは無しの方向で。

 

パーティショニングが完了したらファイルシステムのフォーマットとマウント。

普通にやれば良いが、

ジャーナルを無効にしたext4が良い

あるので、そうする。

# mkfs.vfat -F32 /dev/sdb1
# mkfs.ext4 -O "^has_journal" /dev/sdb2
# mount /dev/sdb2 /mnt
# mkdir /mnt/boot
# mount /dev/sdb1 /mnt/boot

 

次にベースシステムのインストール。

主要パッケージについては既存環境からコピーしてくるので、そのための準備をする。

手軽に取り扱える簡単なhttpdであるところのdarkhttpdを使う。

$ sudo pacman -S darkhttpd
$ sudo darkhttpd /var/cache/pacman/pkg

そして/etc/pacman.d/mirrorlistにServer http://localhost/とでも先頭に書いておく。

この状態でpacstrapすれば、/var/cache/pacman/pkgに存在するパッケージはコピーされ、そうでないものは404が返され、(次のリポジトリを探す事になるので)自動的にダウンロードされる。

# pacstrap /mnt base base-devel

 

fstabを作成する。

# genfstab -U -p /mnt >> /mnt/etc/fstab

/mnt/etc/fstabに書き込む許可が無いよ、と言われたので、genfstabの出力をクリップボードに放り込んで、# gedite /mnt/etc/fstabして強引に放り込んでおいた。

このfstabに、/dev/sdb1等ではなく、きちんとパーティションのUUIDで指定されているかどうか、必ず確認しておく。

 

chrootしてロケール設定その他諸々てきとうに…

# arch-chroot /mnt /bin/bash
# vi /etc/locale.gen
# localge-gen
# echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf
# export LANG=en_US.UTF-8
# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
# echo HOSTNAME > /etc/hostname
# passwd

 

最後にブートローダーのセットアップ。

grubを使うのだけど、grub-install時に–removableオプションを付けておけと書いてあったのでそうしてある。

# pacman -S grub dosfstools efibootmgr
# grub-install --target=x86_64-efi --efi-directory=/boot --bootloader-id=grub --removable --recheck --debug
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

/boot/efi/boot/bootx64.efiが存在しているか確認しておく。無ければ以下の感じで。

# mkdir /boot/efi/boot
# cp /boot/efi/arch_grub/grubx64.efi /boot/efi/boot/bootx64.efi

 

初期RAMディスクの作成をする前にゴニョゴニョしておけとUSB キーに Arch Linux をインストール – ArchWikiに書いてあったのでしておく。タイミングはよくわかってない(最後にやった)。

# vi /etc/mkinitcpio.conf
# mkinitcpio -p linux

/etc/mkinitcpio.confの中でHOOKSのudev直後にblockと追加しておく。

 

以上で基本のインストールは完了。その後適宜環境を構築していこう。(今回はここでおしまい)

指紋認証使わない事にした

指紋認証を使うで、ノートPCで指紋認証を使うようにしてみたはいいけど、指紋認証ってめんどい。

指を指紋リーダに持っていく→優しくかつ力強く撫でる→たまに失敗する

ゴミか…。

という訳で使わない事にした。

/etc/pam.d以下の編集を元に戻して、sudo pacman -Rs fingerprint-gui でさようなら。

再起動して無事処理完了という事ですね。

 

指紋認証って、なんかかったるいんだよね。i{Phone, Pad}の指紋認証も、ホームボタン押して、ひと呼吸おいてからロック解除される。このひと呼吸がかったるい。普通にロック解除操作した方が速いのだ。

ノートPCで使ってた状態もそんなような感じでかったるかったので、結局キーボードでちゃんと操作した方が速いと。

生体を使った認証技術、他にも虹彩とか声紋とか諸々あるみたいだけど、どれもキーボード操作には速度的には負けるんじゃないかなとか思うんだよね(使ったことないけど)

生体認証技術の目的はきっとそこじゃなくて、個人に固有とか、覚える必要無しとか、そういうとこなんだろうけどね。

 

おしまい。

ArchLinuxのリポジトリミラーをローカルに立てる

Ubuntuでならやったことあるんだけど、そういえばArchLinuxではやったことないな~とふと思ったのでやってみた。

基本はLocal Mirror – ArchWikiの通りにしたんだけど、再三「マジ?やめとけよ、な?無駄だろ?pacman cacheとかにしなよ?な?」と言われまくったので、sync.shの内容は省略する。

ちなみにいつもどおり、ArchLinuxと見せかけてAntergosでの実験である()

 

自分のところにリポジトリミラーを作っておけば、ローカルでの通信になるので非常に高速に処理が可能になる。リモートのミラーサーバからなら、大抵の場合ボトルネックになるのはインターネット回線(というよりミラーサーバ側の通信帯域制限)だけど、ローカルからだとストレージの速度になるんかな。LANはギガビットイーサだし。

 

/dev/sdc1を/var/mirrorとしてmount、その中にLinuxというディレクトリを作成し、その中にミラーリングするようにした。実際ArchLinuxのミラーサーバには不満全然なくていいんだけど、Antergosのほうにこそ不満があるため、こちらもミラーリングする。

ftp.tsukuba.wide.ad.jpから、core, extra, community, iso, multilib、それからmirror.us.leaseweb.netからantergosをrsyncでもらってくる。rsyncするサーバは新しいミラーのガイドライン|antergosウィキで見つけたものを使った。

/var/mirror/Linux/$repoではなく、/var/mirror/Linux/{archlinux, antergos}/$repoという構成にしておかないと、rsyncでmultilibが削除されてしまうので横着せず、それぞれ処理を行う。

最終的なフォルダツリーはこんな感じ。

$ cd /var/mirror/Linux
$ tree -d
.
├── antergos
│ ├── antergos
│ │ ├── i686
│ │ └── x86_64
│ ├── antergos-staging
│ │ ├── i686
│ │ └── x86_64
│ ├── iso
│ │ ├── release
│ │ └── testing
│ │   └── uefi
│ │      └── antergos-staging
│ │         ├── i686
│ │         └── x86_64
│ └── project
│    └── trace
└── archlinux
   ├── community
   │ └── os
   │   └── x86_64
   │     └── local
   ├── core
   │ └── os
   │   ├── i686
   │   └── x86_64
   ├── extra
   │ └── os
   │   ├── i686
   │   └── x86_64
   ├── iso
   │ ├── 2016.06.01
   │ │ └── arch
   │ │       ├── boot
   │ │       │ └── x86_64
   │ │       └── x86_64
   │ ├── 2016.07.01
   │ │ └── arch
   │ │   ├── boot
   │ │   │ └── x86_64
   │ │   └── x86_64
   │ ├── 2016.08.01
   │ │ └── arch
   │ │    ├── boot
   │ │    │ └── x86_64
   │ │    └── x86_64
   │ ├── archboot
   │ │ ├── 2016.05
   │ │ │ └── boot
   │ │ ├── history
   │ │ └── latest
   │ │    └── boot
   │ └── latest
   │    └── arch
   │       ├── boot
   │       │ └── x86_64
   │       └── x86_64
   ├── multilib
   │ └── os
   │ └── x86_64
   └── project
      └── trace
61 directories

後は好きなHTTPサーバを入れて、

・DocumentRootを/var/mirror/Linuxにする

・インデックス表示されるようにするといいかも

・ポート番号変えても良い

mirrorlistはそれぞれこんな感じで。

# ArchLinux
Server = http://localhost:1123/archlinux/$repo/os/$arch

# Antergos
Server = http://localhost:1123/antergos/$repo/$arch

ISOが手元にあるので、毎度インストールメディア作ろうと思って拾ってくる待ち時間を過ごす必要が無くなったし、新規にインストールするのも時間かからずいけるな!って気持ち。

新規にインストールする機会がそう沢山あるのかどうかは置いといて感がすごい。

ArchLinuxのmirrorlistを自動で選択してもらう

Reflectorを使うだけ。

$ sudo pacman -S reflector
$ sudo reflector --verbose --country Japan -l 200 -p http --sort rate --save /etc/pacman.d/mirrorlist

日本にいないとか実は国外サーバのほうが早い地域なんだよねとかの事情があれば(?)country指定はやめよう。

-l 200で200個調べる感じになるけど、countryでJapan指定したあたりでもうftp.jaist.ac.jpとftp.tsukuba.wide.ad.jpしか残ってない状態なんだなぁ…

HENkakuリリースされたのでPSVitaでHello Worldする

もうhenkaku.xyz行ったらそれだけでぜーんぶ完了しちゃって一瞬にして終了しちゃうので、自分でビルドしてHello Worldしてみるか~というお話。

https://henkaku.xyz/developer/を参考に!

 

あんまり多くをインストールしてないArchLinuxで実験。

取り敢えず環境構築。

cmakeが必要らしいのでまずそれをインストールしてから。

$ sudo pacman -S cmake
$ git clone https://github.com/vitadev/vdpm
$ cd vdpm
$ ./bootstrap-vitasdk.sh

パーミッション周りでめちゃエラー出てたっぽい。

bootstrap-vitasdk.shの中を見ると、/usr/local/vitasdkを$USER:$USERにchownするコマンドがあったぽいけど、$USERなグループってあったか?usersじゃない?

というわけで手作業で実行しリベンジ

$ sudo chown tea:users /usr/local/vitasdk
$ ./bootstrap-vitasdk.sh
$ export VITASDK=/usr/local/vitasdk
$ export PATH=$VITASDK/bin:$PATH
$ ./install-all.sh

インストールできたっぽいのでサンプルソースをパクってきてビルドする

$ cd ~
$ git clone https://github.com/vitasdk/samples
$ cd samples/hello_world/src
$ arm-vita-eabi-gcc -c -o main.obj main.c
$ arm-vita-eabi-gcc -Wl,-q -o homebrew.elf main.obj
$ vita-elf-create homebrew.elf homebrew.velf
$ vita-make-fself homebrew.velf eboot.bin

出力されたeboot.binをvpkに放り込めよって書いてあったけど、既存のvpkにアーカイブマネージャで突っ込むのじゃ流石にダメだったので、vita-pack-vpkを使う

こちらでバイナリが拾えそうだったので使わせていただく。libzip.so.4がないよと怒られたのでlibzipのインストールも。

$ unzip vita-pack-vpk.zip
$ chmod +x ./vita-pack-vpk
$ ./vita-pack-vpk
./vita-pack-vpk: error while loading shared libraries: libzip.so.4: cannot open shared object file: No such file or directory
$ sudo pacman -S libzip
$ ./vita-pack-vpk
Usage:
/home/tea/vita-pack-vpk [OPTIONS] output.vpk
-s, --sfo=param.sfo    sets the param.sfo file
-b, --eboot=eboot.bin    sets the eboot.bin file
-a, --add src=dst    adds the file src to the vpk as dst
-h, --help    displays this help and exit
$ alias vita-pack-vpk=/home/tea/vita-pack-vpk
$ cd samples/hello_world
$ vita-pack-vpk -b ./src/eboot.bin out.vpk
.sfo file missing.

sfoファイルがないとダメらしい。それらしくつくってリベンジ。

$ vita-mksfoex -s TITLE_ID=XXXX00001 "hello world" param.sfo
$ vita-pack-vpk -s ./param.sfo -b ./src/eboot.bin out.vpk

エラー出なかったのでこれをFTP経由でVitaに放り込んで、あとは通常のvpkと同じようにインストール。

 

バブルできた

バブルできた

 

 

LiveAreaもできる

LiveAreaもできる

 

ちなみに、今回使ったソースコードは、

#include <psp2/kernel/processmgr.h>
#include <stdio.h>

int main(int argc, char *argv[]){
printf("Hello World!\n");
sceKernelExitProcess(0);
return 0;
]

みたいな感じ。(サンプルそのまんま)

標準出力にHello Worldしたそのすぐ後にはもう終わりそうな行があるし、次の行にはreturnなので、つまりPSVita側で実行したらおおよそ何も見えずに終了してしまうのであった。

forで10000回くらい回せば見れるでしょ~とか思ってやり直してみたんだけど、時間が長くなっただけで画面には何もうつらなかった。アプリケーション起動しても標準出力は見えないんかなぁ。

 

ちなみに、ばっちりMakefile用意して貰えてるので、vita-pack-vpkの導入さえ出来ていれば全自動でイケる。

UbuntuでSSDをSecureEraseする

RAID環境にArchLinuxのインストール

順番が前後したけど、これやる前に、SSDをSecureEraseしたんですよね。で、まぁSecureEraseってやる度にどうやるのかわかんなくて、ふわふわ調べてやってて、毎度困り果てながら最終的になんとか遂行するみたいな状態。

困るのはたいてい、

・SecureEraseするためのソフトウェアが起動しない

・Not frozenに出来ない

のところ。Parted Magicが起動しないとかHDDErase起動するためのDOS環境が作れないとか、クッソ面倒に生きてた。クッソ面倒なんで結論だけ。

 

Core i7 870 + ASRock P67 Transformer構成で、Ubuntu 14.04.3をUSBメモリから起動して、terminalからhdparmコマンドを使った。

 

hdparm -I /dev/sdaみたいな感じで状態を確認する。最後の方にある「not enabled」と「frozen」をそれぞれいじる。まずはfrozenを解除。

これはもういつものやつ。SATAケーブルなり電源ケーブルなりを抜き差しする。いつものやつっていうかこれ毎度毎度めちゃくちゃこえーんだよな。

あと# echo -n mem > /sys/power/stateでPCをスタンバイに入れて復帰っていう手もあるみたい。

もう一度hdparm -I /dev/sdaで見ると、うまく行ってれば「not frozen」になっているはず。

次にディスクにパスワードを設定する(SecureEraseを実行すると解除されるものなのでてきとうに決める)。ただしパスワード設定したまま再起動等するとディスクアクセス出来なくなる模様なので以下のように解除する。master passwordはList of hard disk ata master passwords – I SEE 0XDEAD DISKSあたりを参考に。

//パスワードの設定
# hdparm --user-master u --security-set-pass PASSWORD /dev/sda

//master passwordによるパスワードの解除
# hdparm --user-master m --security-unlock MASTER_PASSWORD /dev/sda
# hdparm --user-master m --security-disable MASTER_PASSWORD /dev/sda

うまく設定できると、hdparm -I /dev/sdaの出力が変化して「enabled」になる。

 

つまり、not enabledがenabledになっている事、frozenがnot frozenになっている事を確認した後、SecureEraseを実行する。

# hdparm --user-master u --security-erase PASSWORD /dev/sda

ちなみにhdparm -I /dev/sdaの出力にsupported: enhanced eraseがある場合、Enhanced SecureEraseが可能なので、–security-erase-enhancedみたいな感じに差し替えてみよう。

最終的にまたhdparm -I /dev/sdaの出力が「not enabled」に戻っていることを確認して作業完了。